イベント

「キレイの力」プロジェクトに参加しました

毛髪を寄付した学生一人ひとりが感想を述べてくれました。短くなった髪が、誇らしげに見えます。

2018年12月19日(水)本校にて、がん治療中の女性にウイッグを贈る「キレイの力プロジェクト」の説明会・報告会が行われました。
このプロジェクトは、看護学校の学生がウイッグに使用する髪を寄付する取り組みで、主催するNPO法人キャンサーリボンズとP&Gパンテーンの方が本校を訪問しました。キャンサーリボンズの方からは、実体験を踏まえた医療用ウイッグの大切さ、ウイッグを利用している患者さん達の声、2019年度に向けた活動の趣旨について説明がありました。
本校は2010年度から「キレイの力プロジェクト」に参加しており、2017年度の活動に参加した学生からは、「患者さんの気持ちに寄り添えることができた」、「いろいろなことにチャレンジしようと思えるようになった」と、さまざまな意見が上がりました。
説明会終了後は、何人かの学生が取り組みについて質問している姿が印象的でした。

  • 説明会終了後、取り組みについて質問にくる学生。

  • 昨年に毛髪を寄付した学生たち。看護師を目指す医療人として、また違った心持ちになったようです。

  • 真剣な面持ちで、説明会に参加する1.2年生。

  • 毛髪寄付への第一歩(申込書)。