業績一覧

英文論文

2021

  • Rhododendrol-induced leukoderma update II: Pathophysiology,mechanisms, risk evaluation, and possible mechanism-based treatments in comparison with vitiligo. Shintaro Inoue, Ichiro Katayama, Tamio Suzuki, Atsushi Tanemura, Shosuke Ito, Yuko Abe, Yasuyuki Sumikawa, momoko Yoshikawa, Kayoko Suzuki, Akiko Yagami, Yukiko Masui, Akiko Ito, Kayoko Matsunaga. J Dermatol. 2021 May 5. doi: 10.1111/1346-8138.15878. Online ahead of print.

2020

  • Rhododendrol-induced leukoderma update I: Clinical findings and treatment. Kayoko Matsunaga, Kayoko Suzuki, Akiko Ito, Atsushi Tanemura, Yuko Abe, Tamio Suzuki, Momoko Yoshikawa, Yasuyuki Sumikawa, Akiko Yagami, Yukiko Masui, Shintaro Inoue, Shosuke Ito, Ichiro Katayama. J Dermatol. 2021 Mar 8. doi: 10.1111/1346-8138.15835. Online ahead of print.
  • Genome-wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol-induced leukoderma. Ken Okamura, Yuko Abe, Izumi Naka, Jun Ohashi, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Yui Kobayashi, Kazuyoshi Fukai, Atsushi Tanemura, Ichiro Katayama, Yukiko Masui, Akiko Ito, Toshiharu Yamashita, Hiroshi Nagai, Chikako Nishigori, Naoki Oiso, Yumi Aoyama, Yuta Araki, Toru Saito, Masahiro Hayashi, Yutaka Hozumi, Tamio Suzuki. Pigment Cell Melanoma Res. 2020 Nov;33(6):826-833. doi: 10.1111/pcmr.12904. Epub 2020 Jun 29.
  • An acid-hydrolyzed wheat protein activates the inflammatory and NF-κB pathways leading to long TSLP transcription in human keratinocytes. Yasutaka Kuroda, Takuo Yuki, Yutaka Takahashi, Hitoshi Sakaguchi, Kayoko Matsunaga, Hiroshi Itagaki. J Toxicol Sci. 2020;45(6):327-337. Doi:10.2131/jts.45.327.
  • A case of pediatric anaphylaxis caused by gummy tablets containing fish collagen. Rumi Ueno, Yuri Takaoka, Naoshi Shimojo, Fumiaki Ohno, Tomohiro Yamaguchi, Kayoko Matsunaga, Makoto Kameda. Asia Pac Allergy. 2020 Oct 5;10(4):e35. doi: 10.5415/apallergy.2020. 10.e35. eCollection 2020 Oct.
  • Two cases of fermented soybean (natto) allergy diagnosed using the skin prick test and enzyme linked immunosorbent assay for poly-γ-glutamic acid. Suzuki K, Futamura K, Sato N, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A.J Dermatol. 2020 Sep 6. doi: 10.1111/1346-8138.15601. Online ahead of print.
  • Adult onset sheep's milk allergy in a patient without cow's milk allergy. Suzuki K, Futamura K, Hasegawa E, Aoki Y, Nakamura M, Matsunaga K, Yagami A.J Investig Allergol Clin Immunol. 2020 Aug 26:0. doi: 10.18176/jiaci.0578. Online ahead of print.
  • Association of HLA-A*11:01 with sulfonamide-related severe cutaneous adverse reactions in Japanese patients. Nakamura R, Ozeki T, Hirayama N, Sekine A, Yamashita T, Mashimo Y, Mizukawa Y, Shiohara T, Watanabe H, Sueki H, Ogawa K, Asada H, Kaniwa N, Tsukagoshi E, Matsunaga K, Niihara H, Yamaguchi Y, Aihara M, Mushiroda T, Saito Y, Morita E. J Invest Dermatol. 2020, pii: S0022-202X(20)30040-3. doi: 10.1016/j.jid.
  • Allergic contact dermatitis caused by tetrahydrofurfuryl acrylate in the adhesive of clip-on earrings. Suzuki K, Matsunaga K, Sasaki K, Yagami A.Contact Dermatitis.2020, 82(2):131-133. doi: 10.1111/cod.13412.
  • Revised Baseline Series of the International Contact Research Group. Isaksson M, Ale I, Andersen KE, Cannavó A, Diepgen TL, Elsner P, Goh CL, Gonçalo M, Goossens A, Ljubojevic Hadzavdic S, Jerajani H, Lachapelle JM, Lee JY, Maibach HI, Matsunaga K, McFadden J, Nixon R, Pratt M, Puangpet P, Sasseville D, Verma K, Bruze M. Dermatitis. 2020, 0000000000000532.
  • Case of anaphylaxis due to lotus root. Nishimura-Tagui M, Hayama K, Fujita H, Sato N, Nakamura M, Yagami A, Matsunaga K, Terui T. J Dermatol. 2020, doi: 10.1111/1346-8138.15329.
  • A case of allergic contact dermatitis caused by Olanedine solution - A diagnostic patch-testing method involving dried filter paper. Iijima S, Matsunaga K. Contact Dermatitis. 2020, doi: 10.1111/cod.13620. Online ahead of print.
  • Improvement in the quality of life of patients with rhododendrol‐induced leukoderma after camouflaging with dihydroxyacetone cream. Kayoko Matsunaga , Minoru Sasaki , Takao Okajima , Masahiro Miyaki , Hitoshi Sakaguchi. J Dermatol. 2020, doi: 10.1111/1346-8138.15398
  • A case of hen's egg-dependent exercise-induced immediate-type allergy. Onoda Y, Aoki Y, Nagai A, Hasegawa E, Nakamura M, Suzuki K, Futamura K, Hirosima M, Horiguchi T, Matsunaga K, Yagami A. Allergol Int. 2020, 30:S1323-8930(20)30015-0. doi: 10.1016/j.alit.2020.01.006.

2019

  • Post-inflammatory depigmentation caused by Basic Blue 75.Sasaki Y, Uchi H, Furue M, Matsunaga K. Contact Dermatitis. 2019, 81(2):141-143. doi: 10.1111/cod.13262.
  • Serological analysis of sensitization in allergic bronchopulmonary aspergillosis: a study on allergen components and interspecies relationships. Kuwabara K, Hirose M, Kato K, Yokoi T, Shiga M, Kondo R, Nakamura M, Matsunaga K, Horiguchi T. J Asthma. 2019, doi: 10.1080/02770903.2019.1599387.
  • Analysis of allergens in corn-dependent exercise-induced anaphylaxis.Nakamura H, Nakamura M, Shimizu N, Matsunaga K, Kondo Y. Ann Allergy Asthma Immunol. 2019, 123(1):103-105. doi: 10.1016/j.anai.2019.04.005.
  • HLA-DQ and RBFOX1 as susceptibility genes for an outbreak of hydrolyzed wheat allergy. Noguchi E, Akiyama M, Yagami A, Hirota T, Okada Y, Kato Z, Kishikawa R, Fukutomi Y, Hide M, Morita E, Aihara M, Hiragun M, Chinuki Y, Okabe T, Ito A, Adachi A, Fukunaga A, Kubota Y, Aoki T, Aoki Y, Nishioka K, Adachi T, Kanazawa N, Miyazawa H, Sakai H, Kozuka T, Kitamura H, Hashizume H, Kanegane C, Masuda K, Sugiyama K, Tokuda R, Furuta J, Higashimoto I, Kato A, Seishima M, Tajiri A, Tomura A, Taniguchi H, Kojima H, Tanaka H, Sakai A, Morii W, Nakamura M, Kamatani Y, Takahashi A, Kubo M, Tamari M, Saito H, Matsunaga K.J Allergy Clin Immunol. 2019, 144(5):1354-1363. doi: 10.1016/j.jaci.2019.06.034. Epub 2019 Jul 10.
  • Association of HLA class I and II gene polymorphisms with acetaminophen-related Stevens-Johnson syndrome with severe ocular complications in Japanese individuals.Ueta M, Nakamura R, Saito Y, Tokunaga K, Sotozono C, Yabe T, Aihara M, Matsunaga K, Kinoshita S.Hum Genome Var. 2019, 28;6:50. doi: 10.1038/s41439-019-0082-6.
  • Autoantibodies detected in patients with vitiligo vulgaris but not in those with rhododendrol-induced leukoderma. Arase N, Tanemura A, Jin H, Nishioka M, Aoyama Y, Oiso N, Matsunaga K, Suzuki T, Nishigori C, Kawamura T, Shimizu T, Ito A, Fukai K, Abe Y, Yang L, Tsuruta D, Takeoka K, Iwatani Y, Hidaka Y, Nishida M, Yamauchi-Takihara K, Arase H, Fujimoto M, Katayama I. J Dermatol Sci. 2019 , 95(2):80-83. doi: 10.1016/j.jdermsci.2019.06.009.
  • Long-term dynamics of omega-5 gliadin-specific IgE levels in patients with adult-onset wheat allergy.Hamada Y, Chinuki Y, Fukutomi Y, Nakatani E, Yagami A, Matsunaga K, Oda Y, Fukunaga A, Adachi A, Hiragun M, Hide M, Morita E. J Allergy Clin Immunol Pract. 2019, pii: S2213-2198(19)30897-9. doi: 10.1016/j.jaip.2019.10.008.
  • Patch Testing With Formaldehyde 2.0% (0.60 mg/cm2) Detects More Contact Allergy to Formaldehyde Than 1.0. Isaksson M, Ale I, Andersen KE, Goh CL, Goossens A, Jerajani H, Matsunaga K, McFadden J, Bruze M. Dermatitis. 2019, (6):342-346. doi: 10.1097/DER.0000000000000510.
  • In vitro basophil activation is reduced by short-term omalizumab treatment in hydrolyzed wheat protein allergy. Chinuki Y, Yagami A, Adachi A, Matsunaga K, Ugajin T, Yokozeki H, Hayashi M, Katayama I, Kohno K, Shiwaku K, Morita E. Allergol Int. 2019 , pii: S1323-8930(19)30163-7. doi: 10.1016/j.alit.2019.09.006.
  • Allergy and Anaphylactic Reaction to Loquat (Eriobotrya japonica) Are Induced by a Bet v 1 Homolog. Takaoka Y, Kondo Y, Matsunaga K, Aoki Y, Hasegawa E, Tokuda R, Fujisawa T, Morikawa A, Doi S. J Investig Allergol Clin Immunol. 2019 , 29(5):382-383. doi: 10.18176/jiaci.0406.

2018

  • Three cases of photoallergic contact dermatitis induced by benzophenone in amusement park wristbands.Tanahashi T, Sasaki K, Numata M, Matsunaga K.Contact Dermatitis. 2018,doi: 10.1111/cod.13173. 2
  • Positive reactions to gold sodium thiosulfate in patch test panels (TRUE Test) in Japan: A multicentre study.Suzuki K, Yagami A, Ito A, Kato A, Miyazawa H, Kanto H, Matsunaga K.Contact Dermatitis. 2018,doi: 10.1111/cod.13105. 3
  • Case of anaphylaxis caused by black ginger in a dietary supplement.Hayashi E, Sowa-Osako J, Fukai K, Natsumi A, Yagami A, Sato N, Shimojo N, Nakamura M, Matsunaga K, Tsuruta D.J Dermatol. 2018,doi: 10.1111/1346-8138.14592.
  • Cochineal dye-induced immediate allergy: Review of Japanese cases and proposed new diagnostic chart. Allergol Int.Takeo N, Nakamura M, Nakayama S, Okamoto O, Sugimoto N, Sugiura S, Sato N, Harada S, Yamaguchi M, Mitsui N, Kubota Y, Suzuki K, Terada M, Nagai A, Sowa-Osako J, Hatano Y, Akiyama H, Yagami A, Fujiwara S, Matsunaga K. 2018,67(4):496-505. doi: 10.1016/j.alit.2018.02.012.
  • Food-induced anaphylaxis in two patients who were using soap containing foodstuffs. Tamagawa-Mineoka R, Masuda K, Yagami A, Nakamura M, Sato N, Matsunaga K, Katoh N.Allergol Int. 2018,67(3):427-429.
  • Laminin-332 regulates differentiation of human interfollicular epidermal stem cells.Yamada T, Hasegawa S, Miyachi K, Date Y, Inoue Y, Yagami A, Arima M, Iwata Y, Yamamoto N, Nakata S, Matsunaga K, Sugiura K, Akamatsu H. Mechanisms of Ageing and Development.2018,doi: 10.1016/j.mad.2018.03.007
  • Specific association of the rs6500265 and rs9933632 single-nucleotide polymorphisms in Japanese patients with antipyretic analgesic-related Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis with severe ocular involvements. Okamoto-Uchida Y, Nakamura R, Matsunaga K, Aihara M, Saito Y.Pharmacogenet Genomics. 2018,28(3):95-98. doi: 10.1097/FPC.0000000000000324. 8

2017

  • Twelve-week, multicenter, placebo-controlled, randomized, double-blind, parallel-group, comparative phase II/III study of benzoyl peroxide gel in patients with acne vulgaris: A secondary publication. Kawashima M, Sato S, Furukawa F, Matsunaga K, Akamatsu H, Igarashi A, Tsunemi Y, Hayashi N, Yamamoto Y, Nagare T, Katsuramaki T.J Dermatol. 2017,44(7);774-782
  • Effects of different base agents on prediction of skin irritation by sodium lauryl sulfate using patch testing and repeated application test.Horita K, Horita D, Tomita H, Yasoshima M, Yagami A, Matsunaga K.Toxicology. 2017, 6:382:10-15
  • Outbreak of immediate-type hydrolyzed wheat protein allergy due to a facial soap in Japan.Yagami A, Aihara M, Ikezawa Z, Hide M, Kishikawa R, Morita E, Chinuki Y, Fukutomi Y, Urisu A, Fukushima A, Itagaki Y, Sugiura SI, Tanaka H, Teshima R, Kato Z, Noguchi E, Nakamura M, Saito H, Matsunaga K.J Allergy Clin Immunol. 2017,pii: S0091-6749(17)30574-2.
  • Occupational fish allergy caused by percutaneous sensitization with α-actinin-3. Shimojo N, Yagami A, Nakamura M, Nagai A, Matsunaga K. 2017,76(5):322-323.
  • A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan.Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K.Contact Dermatitis. 2017,77(1):42-48.
  • Case of allergic contact dermatitis caused by sorbitan derivatives included in an over-the-counter topical medicament.Yokoi A, Suzuki K, Takahashi M, Yagami A, Matsunaga K.J Dermatol. 2017,44(6):e113-e114.
  • Long form of thymic stromal lymphopoietin of keratinocytes is induced by protein allergens.Kuroda Y, Yuki T, Takahashi Y, Sakaguchi H, Matsunaga K, Itagaki H.J Immunotoxicol. 2017,14(1):178-187.
  • Multicenter Patch Testing With Methylchloroisothizoline/Methylisothiazolinone in 100 and 200 ppm Within the International Contact Dermatitis Research Group.Engfeldt M, Ale I, Andersen KE, Elsner P, Goh CL, Goossens A, Jerajani H, Matsunaga K, Bruze M.Dermatitis. 2017, 28(3):215-218. 10
  • Multicenter Patch Testing With Methylisothiazolinone and Methylchloroisothiazolinone/Methylisothiazolinone Within the International Contact Dermatitis Research Group.Isaksson M, Ale I, Andersen KE, Elsner P, Goh CL, Goossens A, Jerajani H, Matsunaga K McFadden J, Bruze M. Dermatitis. 2017,28(3):210-214. 11

2016

  • A Patient with Giant Rippled-Pattern Sebaceoma in the Occipital Region. Takahashi M, Arima M, Iwata Y, Suzuki K, Mizoguchi Y, Kuroda M, Matsunaga K. Case Rep Dermatol. 2016 May 23,8(2): 107-11
  • Case of Japanese Hermansky-Pudlak syndrome patient with deeply invasive squamous cell carcinoma and multiple lesions of actinic keratosis on the face and neck. Iwata Y, Kobayashi T, Arima M, Numata S, Yagami A, Okamura K, Araki Y, Sugiura K, Suzuki T, Matsunaga K. J Dermatol. 2016, 44(2):219-220]
  • Successful treatment of primary cutaneous Nocardia brasiliensis infection with oral potassium iodide. Numata S, Numata T, Gonoi T, Matsunaga K. J Dermatol. 2016,43, 7: 843-4
  • Microorganisms inhabiting follicular contents of facial acne are not only Propionibacterium but also Malassezia spp. Akaza N, Akamatsu H, Numata S, Yamada S, Yagami A, Nakata S, Matsunaga K. J Dermatol. 2016,43, 8: 906-11
  • Proposed ICDRG Classification of the Clinical Presentation of Contact Allergy. Pongpairoj K, Ale I, Andersen KE, Bruze M, Diepgen TL, Elsner PU, Goh CL, Goossens A, Jerajani H, Lachapelle JM, Lee JY, Maibach HI, Matsunaga K, Nixon R, Puangpet P, Sasseville D, Thaiwat S, McFadden JP. Dermatitis. 2016 ,27, 5: 248-58
  • Mucous membrane pemphigoid reactive only with BP230. Inoue T, Yagami A, Iwata Y, Ishii N, Hashimoto T, Matsunaga K. J Dermatol. 2016,43, 10: 1228-9
  • Evaluation of the cross-reactivity of antigens in Glupearl 19S and other hydrolysed wheat proteins in cosmetics. Nakamura M, Yagami A, Hara K, Sano-Nagai A, Kobayashi T, Matsunaga K. Contact Dermatitis. 2016,74(6):346-52.
  • Case of immediate hypersensitivity to beer. Inoue T, Yagami A, Shimojo N, Hara K, Nakamura M, Matsunaga K. J Dermatol. 2016,43(6):690-2.
  • Age-related decrease in CD271(+)cells in human skin. Akamatsu H,Hasegawa S,Yamada T,Mizutani H,Nakata S, Yagami A,Matsunaga K. J Dermatol. 2016,43(3) 311-3.

2015

  • Immediate allergy due to raw garlic (Allium sativum L.). Yagami A, Suzuki K, Sano A, Iwata Y, Arima M, Moriyama T, Matsunaga K. J Dermatol. 2015,42(10):1026-7.
  • Case of anaphylactic reaction to soy following percutaneous sensitization by soy-based ingredients in cosmetic products. Yagami A, Suzuki K, Nakamura M, Sano A, Iwata Y, Kobayashi T, Suzuki M, Hara K, Teshima R, Matsunaga K. J Dermatol. 2015,42(9):917-8.
  • Two Cases of Occupational Contact Urticaria Caused by Percutaneous Sensitization to Parvalbumin. Sano A, Yagami A, Suzuki K, Iwata Y, Kobayashi T, Arima M, Kondo Y, Yoshikawa T, Matsunaga K. Case Rep Dermatol. 2015,7(2):227-32.
  • Occupational food allergy due to parvalbumin and phaseolin induced by epicutaneous sensitization. Yagami A, Suzuki K, Nakamura M, Sano A, Kobayashi T, Iwata Y, Arima M, Hara K, Matsunaga K. Allergol Int. 2015,64(3):287-8.

邦文論文

2020

  • 【外来で出会うアレルギー疾患-Total Allergist入門】知っておくべきアレルギー疾患とその周辺疾患 ラテックスアレルギーとラテックス-フルーツ症候群, 松永 佳世子, Medicina(0025-7699)58巻2号 Page279-282(2021.02)
  • FreeStyleリブレによるアレルギー性接触皮膚炎, 岩渕 千雅子, 栗田 昂幸, 日野 治子, 関東 裕美, 岩本 正照, 河上 強志, 田原 麻衣子, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会雑誌(0021-499X)130巻12号 Page2557-2565(2020.11)
  • 化粧品パッチテスト2015年のまとめ, 小野田 裕子, 矢上 晶子, 永井 晶代, 岩田 洋平, 鈴木 加余子, 松永 佳世子. 日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌(2433-7846)3巻3号 Page391-402(2020.10)
  • 【小児のアレルギー性皮膚疾患 最近のトレンド】顔面全体の著明な発赤と浮腫を伴った,デュアック配合ゲルによる接触皮膚炎の2例, 向所 純子, 三村 慶子, 遠藤 恵, 杉山 朝美, 松永 佳世子, 松倉 節子, 皮膚病診療(0387-7531)42巻7号 Page568-571(2020.07)
  • コチニール色素による即時型アレルギー, 竹尾 直子, 中村 政志, 松永 佳世子, アレルギーの臨床(0285-6379)40巻6号 Page472-475(2020.06)
  • 【最近のトピックス2020 Clinical Dermatology 2020】皮膚科医のための臨床トピックス 経皮感作小麦アレルギー患者のゲノム解析(解説/特集). 野口 恵美子, 松永 佳世子. 臨床皮膚科 (0021-4973)74巻5号 Page152-154(2020.04).
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 接触皮膚炎診療ガイドライン2020(解説). 高山 かおる, 横関 博雄, 松永 佳世子, 片山 一朗, 相場 節也, 池澤 善郎, 足立 厚子, 戸倉 新樹, 夏秋 優, 古川 福実, 矢上 晶子, 乾 重樹, 池澤 優子, 相原 道子, 日本皮膚科学会接触皮膚炎診療ガイドライン改定委員会. 日本皮膚科学会雑誌 (0021-499X)130巻4号Page523-567(2020.04)
  • 低アレルゲンコチニールでアナフィラキシーを起こした8歳男児の症例.平瀨 敏志,竹尾 直子,中村 政志,佐藤 奈由,松永 佳世子,谷口 裕章,太田 國隆.アレルギー. 2020;69(1):48-52. doi: 10.15036/arerugi.69.48.

2019

  • 【食物アレルギー診療の最新知見】MINERVAによる食物アレルギー統合的研究(解説/特集).松永 佳世子.アレルギーの臨床 (0285-6379)39巻7号 Page531-535(2019.07)
  • 【職業性アレルギー疾患の診かた】職業性アレルギー性皮膚疾患の診かた(解説/特集).松永 佳世子.日本医事新報 (0385-9215)4986号 Page32-37(2019.11)
  • 【知らぬと見逃す食物アレルギー】茶のしずく石鹸による即時型小麦アレルギー(解説/特集).中村 政志,矢上 晶子,松永 佳世子.Derma. (1343-0831)289号 Page21-30(2019.11)

2018

  • 【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 (Part3)症例提示(case4) 脱色素斑を呈した酸化染毛剤によるアレルギー性接触皮膚炎(解説/特集).松永 佳世子.Visual Dermatology (2186-6589)17巻5号 Page467-468,2018.
  • 【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 (Part3)症例提示(case3) 脱毛を来した酸化染毛剤によるアレルギー性接触皮膚炎(解説/特集).松永 佳世子,宮川 紅.Visual Dermatology (2186-6589)17巻5号 Page464-466,2018.
  • 【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 (Part3)症例提示(case1) 酸化染毛剤によるアレルギー性接触皮膚炎 重症例(解説/特集).鈴木 加余子,松永 佳世子.Visual Dermatology (2186-6589)17巻5号 Page460-461,2018.
  • 【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 (Part2)ヘアカラーリングによる皮膚障害(総説5) ヘアカラーリング製品による皮膚障害の分類と疫学(解説/特集).松永 佳世子.Visual Dermatology (2186-6589)17巻5号 Page438-442,2018.
  • 【ヘアカラーリングを安全に行う基礎知識-医療現場と患者、理・美容師のために】 安全に、素敵にヘアカラーリングをしていくためには? トップカラーリストに聞く(座談会/特集).松永 佳世子高原 紀子.Visual Dermatology (2186-6589)17巻5号 Page412-419,2018.
  • ロドデノール誘発性脱色素斑調査研究報告2018,松永 佳世子, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 澄川 靖之, 吉川 桃子, 伊藤 祥輔, 片山 一朗, 矢上 晶子, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 種村 篤, 阿部 優子, 井上 紳太郎, ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究チーム(RD-Team),日本皮膚科学会雑誌 (0021-499X)128巻11号 Page2255-2267,2018.
  • 【手のアトラス(1)炎症性病変】 (Part2)接触皮膚炎(Atlas13) 金属による接触皮膚炎(図説/特集),松永 佳世子,Visual Dermatology (2186-6589)17巻11号 Page1026,2018.
  • 【手のアトラス(1)炎症性病変】 (Part2)接触皮膚炎(Atlas11) ケトプロフェン貼付剤による光接触皮膚炎(図説/特集),江藤 隆史(東京逓信病院 皮膚科), 松永 佳世子,
  • Visual Dermatology (2186-6589)17巻11号 Page1024,2018.
  • 【手のアトラス(1)炎症性病変】 (Part2)接触皮膚炎(Atlas10) 酸化染毛剤(ヘアカラー)とパーマ液による接触皮膚炎(図説/特集),松永 佳世子,Visual Dermatology (2186-6589)17巻11号 Page1023,2018.
  • 【手のアトラス(1)炎症性病変】 (Part2)接触皮膚炎(Atlas9) ゴム手袋による接触皮膚炎(図説/特集),松永 佳世子,Visual Dermatology (2186-6589)17巻11号 Page1022,2018.
  • 【皮膚科本音トーク エキスパートが語る「本物の皮膚科診療」】 掌蹠膿疱症の治療 正解はどこにあるのか?(座談会/特集),松永 佳世子, 照井 正, 小林 里実, 伊藤 明子,Visual Dermatology (2186-6589)17巻臨時増刊号 Page78-92(2018.09)
  • 【丈夫な皮膚をつくる/正しい保湿剤の使い方】 女性の保湿(解説/特集),松永 佳世子,WOC Nursing 6巻8号 Page70-76,2018.

2017

  • 【疾患別・知っておきたい 皮膚科の検査とその評価法】 接触皮膚炎, 矢上 晶子.皮膚科の臨床 ;59(6)695-702,2017.
  • SSCI-Net症例情報でつなぐ皮膚の安全, 松永 佳世子.皮膚病診療;39(7),696-705,2017.
  • アレルギー疾患対策医療学の役割, 松永 佳世子.巻頭/今月のことば,アレルギーの臨床;37(7),13,2017.
  • 当院におけるマムシ咬傷22例の臨床的検討 乾燥まむしウマ抗毒素の投与時期とその後の経過について.茂木 紫,村手 和歌子, 佐々木 良輔, 鈴木 加余子, 松永 佳世子.皮膚の科学(1347-1813)16巻2号 Page113-119,2017.
  • 化粧品パッチテスト2013年のまとめ.安藤 亜希, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 森田 雄介, 小林 束, 永井 晶代, 岩田 洋平, 松永 佳世子.Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology(1882-0123)11巻2号 Page110-120,2017.
  • 重度な糖尿病患者の右足底に生じたverrucous carcinomaの1例.渡邊 総一郎, 岩田 洋平, 有馬 豪, 沼田 茂樹, 岩田 貴子, 鈴木 加余子, 黒田 誠, 松永 佳世子, 杉浦 一充.Skin Cancer(0915-3535)32巻1号 Page71-75,2017.
  • 基底細胞癌切除後の下眼瞼全層欠損の再建法について 単純縫縮、硬口蓋粘膜(硬口蓋粘骨膜弁)移植とmalar flapを用いた再建法の経験.岩田 洋平, 有馬 豪, 臼田 俊和, 稲坂 優, 田中 義人, 小寺 雅也, 沼田 茂樹, 渡邊 総一郎, 秋田 浩孝, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 杉浦 一充.Skin Surgery(0918-9688)26巻2号 Page79-86,2017.
  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008) 2013年度・2014年度陽性率.鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 池澤 優子, 伊藤 明子, 乾 重樹, 上津 直子, 海老原 全, 大迫 順子, 加藤 敦子, 河合 敬一, 関東 裕美, 杉浦 真理子, 高山 かおる, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 宮澤 仁, 吉井 恵子, 鷲崎 久美子.Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology(1882-0123)11巻3号 Page234-247,2017.
  • SSCI-Net症例情報でつなぐ皮膚の安全.松永 佳世子.皮膚病診療(0387-7531)39巻7号 Page696-705,2017.
  • 非典型的な皮膚症状を呈したChurg-Strauss症候群の1女児例.大脇 さよこ,犬尾 千聡, 松本 祐嗣, 中島 葉子, 山本 康人, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 伊藤 哲哉, 吉川 哲史.小児科(0037-4121)58巻8号 Page805-809,2017.
  • 化粧品の安全性情報を把握するためのSSCI-Netとその活用.松永 佳世子, 篭橋 雄二.FRAGRANCE JOURNAL(0288-9803)45巻9号 Page70-75,2017.
  • 化粧品パッチテスト2014年のまとめ.岩田 貴子,矢上 晶子, 永井 晶代, 森田 雄介, 小林 束, 岩田 洋平, 松永 佳世子.Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology(1882-0123)11巻4号 Page300-309,2017.
  • アレルギー疾患対策医療学の役割.松永 佳世子.アレルギーの臨床,巻頭/今月のことば;37(7),13,2017.

2016

  • Glomus tumorと臨床診断されていた無色素性爪下黒色腫の1例 岩田 洋平, 宮川 紅, 有馬 豪, 渡邊 総一郎, 矢上 晶子, 黒田 誠, 松永 佳世子. Skin Cancer 30(3) 168-173,2016.
  • 【物理化学障害による皮膚病】 <臨床例> 上肢電撃傷の2症例 岩田 洋平, 平川 昭彦, 富野 敦稔, 武山 直志, 有馬 豪, 高橋 正幸, 沼田 茂樹, 矢上 晶子, 松永 佳世子. 皮膚病診療 38(2)157-160,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part1.)パッチテストパネル(S)-1(case 01) 硫酸ニッケル 永井晶代, 松永佳世子 Visual Dermatology 15(3)240-241,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part2.)パッチテストパネル(S)-2(case 13) エポキシ樹脂 小野田裕子, 永井晶代, 松永佳世子 Visual Dermatology 15(3) 264-265,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part2.)パッチテストパネル(S)-2(case 19) ホルムアルデヒド 沼田茂樹, 岩田洋平, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)276-277,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part2.)パッチテストパネル(S)-2(case 15) 黒色ゴムミックス 岩田洋平, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)268-269,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part2.)パッチテストパネル(S)-2(case 12) p-tert-ブチルフェノール-ホルムアルデヒド樹脂 安部千佳, 鈴木加余子, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)262-263,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part1.)パッチテストパネル(S)-1(case 06) 香料ミックス 小林束, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)250-251,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part1.)パッチテストパネル(S)-1(case 03) フラジオマイシン硫酸塩 齋藤健太, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)244-245,2016.
  • 【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 今こそパッチテストを!  足立厚子, 伊藤明子, 関東裕美, 鈴木加余子, 中田土起丈, 矢上晶子, 松永佳世子. Visual Dermatology 15(3)230-239,2016.
  • 化粧品パッチテスト2013年のまとめ,安藤 亜希, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 森田 雄介, 小林束, 永井 晶代, 岩田 洋平, 松永 佳世子. 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌;11(2),110-120,2017.

2015

  • 経皮感作による食物アレルギー. 松永 佳世子, 矢上 晶子. 臨床免疫・アレルギー科 2015;64(1), 45-52.
  • よりよい製品開発のために 皮膚科医から見た化粧品の安全性の現状と安全性確保のための提案.松永佳世子. 香粧会誌 2015; 39(2).103-108.
  • 大豆アレルギー患者におけるGly m4特異的IgE抗体測定の有用性の臨床的検討白田 阿美子, 猪又 直子, 松倉 節子, 三宅 健, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 落合 豊子, 吉岡 詠理子, 片岡 葉子, 足立 厚子, 堀川 達弥, 原田 晋, 相原 道子 日本ラテックスアレルギー研究会会誌 2015;19(1): 45-45.
  • プロテオミクス手法によるコチニール色素アレルギーの抗原解析 中村政志, 矢上晶子, 佐々木和実, 西嶋桂子, 安宅花子, 竹尾直子, 福冨友馬, 三井直弥, 原田晋, 山口正雄, 宇賀神つかさ, 穐山浩, 佐藤奈由, 佐野晶代, 松永佳世子. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19(2): 66-70,2015.
  • 医療従事者に生じたゴム加硫促進剤によるアレルギー性接触皮膚炎の1例 佐野晶代, 矢上晶子, 森田雄介, 松永佳世子. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌 19(2): 93 -96,2015.
  • 【いまアレルギー外来がおもしろい-安全で効果の高い治療を使いこなす】 アレルギーcommon diseaseの診断・治療・生活指導 接触皮膚炎の診断と治療 佐野晶代, 松永佳世子 Medicina 52(11) 1955-1958,2015.

学会・シンポジウム等における口頭・ポスター発表:国外

2018

  • Recent trend of allergic contact dermatitis in Japan, Kayoko Matsunaga, XXlll CONGRESO 2018 & the ICDRG,国外.
  • Diagnosis and management of hair color dermatitis, Kayoko Matsunaga, XXlll CONGRESO 2018 & the ICDRG,国外.
  • Recent topics of contact dermatitis in Japan, Kayoko Matsunaga, The 14th Congress of the European Society of Contact Dermatitis (ESCD) in Milan,18-20th October 2018.国外.

2017

  • Intensity of deamidation in the epitopes of acid-hydrolyzed wheat proteins is a key parameter for their allergenicity , ポスター, Olivier Tranquet, Chantal Brossard, Florence Pineau, Roberta Lupi, Kayoko Matsunaga, Reiko Teshima, Shinobu Sakai, Jean-Charles Gaudin, Colette Larré, Sandra Denery-Papini. ISMA 2017, International Symposium on Molecular Allergology.国外.
  • Highly allergenic proteins regulate pro-inflammatory signaling: Implications for thymic stromal lymphopoietin induction by protein allergens , ポスター, Yasutaka Kuroda, Takuo Yuki, Yutaka Takahashi, Hitoshi Sakaguchi, Kayoko Matsunaga, Hiroshi Itagaki.the 53rd Congress of the European Societies of Toxicology in Bratislava,2017.国外.

2016

  • Utility of Immunoproteomics in Soybean Allergy, ポスター, Shimojo N, Nakamura M, Sato Nayu, Yagami A, Matsunaga K. 2016 AAAI(American Academy of Allergy Asthma & Immunology) Annual Meeting, 2016/3, 国外.
  • Relationship between serious wheat allergy caused by cutaneous sensitization and mutations in the filaggrin gene,ポスター,Yagami A, Noguchi E, Tamari M, Hirota T, Kato Z, Saito H, Matsunaga K. 2016 AAAI(American Academy of Allergy Asthma & Immunology) Annual Meeting, 2016/3, 国外.
  • Antigens in Glupearl 19S were developed by acid-heat treatment, ポスター,Nakamura M, Yagami A, Sasaki K, Hara K, Kobayashi T, Ataku H, Matsunaga K. 2016 AAAI(American Academy of Allergy Asthma & Immunology) Annual Meeting, 2016/3, 国外.
  • Recent trend and issues of contact dermatitis from hair coloring preparations. Kayoko Matsunaga,Akiko Yagami, Masashi Nakamura,Akiko Ito. Joint Meeting of the ICDRG and 42nd Dermatological Society of Thailand Annual Meeting.2017/3,国外.

2015

  • Survey of immediate hypersensitivity to food via percutaneous sensitization to ingredients of cosmetics in Japan, 口頭, Yagami A, Matsunaga K. The 13th Asia-Pacific Occupational and Environmental Dermatology Symposium, 2015/11, 国外.
  • Diagnosis and management of cosmetic dermatitis , Matsunaga K, Yagami A, Sano A, Suzuki K, symposium, 口頭, The 13th Asia-Pacific Occupational and Environmental Dermatology Symposium, 20105/11, 国外.

学会・シンポジウム等における口頭・ポスター発表:国内

2020

  • パッチテストでアクリル樹脂に陽性反応を呈した40例のまとめ, 口頭, 鈴木 加余子, 二村 恭子, 久野 千枝, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 第119回日本皮膚科学会総会, 2020/6/4-7, 国内, WEB.
  • 経皮感作機序によると考えられた魚コラーゲン含有美容ドリンクによるアナフィラキシーの1例, 口頭, 二村 恭子, 鈴木 加余子, 下條 尚志, 中村 政志, 松永 佳世子, 伊佐見 真美子, 矢上 晶子, 第119回日本皮膚科学会総会, 2020/6/4-7, 国内, WEB.
  • SSCI-Net症例情報から見えてきた香粧品の皮膚安全性, 紙上開催, 松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 杉山 真理子, 加藤 則人, 若林 正治, 佐藤 隆, 林 秀樹, 山本 順二, 張山 幸江, 篭橋 雄二. 第45回日本日本香粧品学会, 2020/6/12-13, 国内, WEB.
  • FreeStyleリブレセンサー接着テープによるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 口頭, 飯島 茂子, 高山 典子, 鈴木 加余子, 松永 佳世子,田原 麻衣子, 河上 強志, 第103回日本皮膚科学会茨城地方会, 2020/7/5, 国内, 茨城.
  • Repeated open application test(ROAT)が診断に有用であった化粧品による接触皮膚炎, 口頭, 鈴木 加余子, 二村 恭子, 矢上 晶子, 久野 千枝, 松永 佳世子, 第126回日本皮膚科学会静岡地方会, 2020/7/24-25, 国内, 静岡.
  • 女性の美容はホルモンケアから! 女性のライフステージにおける美肌ケア・エクオールのシワに対する効果と安全性, 松永 佳世子, 第38回日本美容皮膚科学会, 2020/9/12-13, 国内, 東京, WEB.
  • ABPAにおける感作抗原の種間交差の検討, 桑原 和伸, 出口 亜里紗, 堀口 紘輝, 吉田 隆純, 佐藤 奈由, 中村 政志, 稲葉 重樹, 沼田 充, 佐々木 和実, 松永 佳世子, 堀口 高彦, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020/9/20-22, 国内, WEB.
  • Fish collagen is a marker related to climical severity in fish allergies, oral, Naoshi Shimojo, Akiko Yagami, Masashi Nakamura, Kayoko Suzuki, Kyoko Futamura, Kazunobu Kuwabara, Satoshi Ohno, Takahiko Horiguchi, Kayoko Matsunaga, JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020/9/17-10/20, 国内, WEB.
  • Tropomyosin is a minor allergen in patients with shrimp allergy but is a major allergen in pediatric patients, oral, Masashi Nakamura,Akiko Yagami, Yuri Takaoka,Nayu Sato,Satoshi Ohno,Kayoko Suzuki,Naoshi Shimojo,Kyoko Futamura,Yasuto Kondo,Yuji Aoki,Makoto Kameda,Kayoko Matsunaga, JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020/9/17-10/20, 国内, WEB.
  • Analysis of causative antigens in mice food allergy model by percutaneous sensitization of hydrolyzed wheat protein, oral, Daiki Tokumitsu, Shotaro Obinata, Kazumi Sasaki, Hanako Ataku, Nayu Sato, Masashi Nakamura, Hirotaka Yamashita, Naoki Inagaki, Eichi Hinoi, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Hiroyuki Tanaka, JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020/9/17-10/20, 国内, WEB.
  • 重症小麦アレルギー児の大麦アレルギー合併の予測因子ならびに、小麦の経口免疫療法による大麦アレルギーの変化の検討, 口頭, 窪田 祥平, 青木 祐治, 酒井 智美, 北村 勝誠, 松井 照明, 高里 良宏, 杉浦 至郎, 中村 政志, 松永 佳世子, 伊藤 浩明, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • ω-5 gliadin陽性/陰性の小麦・大麦アレルギー2例の網羅的抗原解析から得られた反応抗原と予後の関係, 口頭, 藤川 詩織, 酒井 智美, 青木 祐治, 中村 政志, 春日 彩季, 橋本 泰佑, 安藤 さくら, 山本 菜穂, 藤谷 宏子, 濱崎 考史, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 東出 崇, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • 小麦・大麦アレルギー併発例における新規の交差IgEエピトープの特定, 口頭, 酒井 智美, 藤川 詩織, 春日 彩季, 青木 祐治, 中村 政志, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • 小麦の網羅的抗原解析による乳児小麦アレルギーの予後の検討, 口頭, 安田 泰明, 青木 祐治, 酒井 智美, 中村 政志, 長尾 みづほ, 近藤 康人, 松永 佳世子, 藤澤 隆夫, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • 白インゲン豆アナフィラキシー症例と小豆アレルギー症例の検討, 口頭, 岩脇 由希子, 松井 照明, 佐藤 奈由, 中村 政志, 窪田 祥平, 北村 勝誠, 高里 良宏, 杉浦 至郎, 松永 佳世子, 伊藤 浩明, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • 卵黄の消化管アレルギー13症例の抗原解析, 口頭, 齋藤 彩子, 森 雄司, 青木 祐治, 長谷川 英里香, 河野 透哉, 加藤 えり那, 安田 泰明, 岡本 薫, 水谷 公美, 川井 学, 中島 陽一, 中村 政志, 松永 佳世子, 近藤 康人, 第57回日本小児アレルギー学会学術大会, 2020/10/31-11/13, 国内, WEB.
  • コカミドプロピルベタイン含有洗浄剤によるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 口頭, 飯島 茂子, 杉山 真理子, 松永 佳世子, 村山 佳代, 高山 典子, 第104日本皮膚科学会茨城地方会, 2020/11/1, 国内, WEB.
  • 職業・環境アレルギー克服のために皮膚科医として成し得たことと課題, 口頭, 松永 佳世子, 第51回職業・環境アレルギー学会学術大会, 2020/11/5-6, 国内, 岡山.
  • Gibberellin-regulated protein(GRP)の感作が確認された,モモ・イチジク摂取後にアナフィラキシー症状を繰り返した1症例, 口頭, 原田 晋, 岩井 優依, 中村 順子, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 大野 史晃, 下條 尚志, 中村 政志, 岡崎 史子, 成田 宏史, 門間 敬子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • 納豆アレルギーにおける新規抗原タンパク質の特定, 口頭, 佐藤 奈由, 鈴木 加余子, 中村 政志, 二村 恭子, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • 過去 3 年間に当科でエピペン®を処方した成人 288 例の検討, 口頭, 矢上 晶子, 二村 恭子, 中村 政志, 下條 尚志, 松永 佳世子, 鈴木 加余子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • 製品容器とは異なる化粧水が原因製品であったアルブチンによる接触皮膚炎の一例, 口頭, 二村 恭子, 鈴木 加余子, 久野 千枝, 西本 淳子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • コカミドプロピルベタイン含有試薬によるパッチテスト陽性例の検討, 口頭, 飯島 茂子, 小城 一見, 高山 典子, 杉山 真理子, 松永 佳世子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • Japanese baseline series(JBS2015)の 2019 年度陽性率, 口頭, 関東 裕美, 伊藤 明子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • SSCI-Net2019 年度アレルギー性皮膚障害例のまとめ, 口頭, 松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 杉山 真理子, 加藤 則人, 若林 正治, 江藤 隆史, 佐藤 隆, 林 秀樹, 山本 順二, 張山 幸江, 篭橋 雄二, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • 使い捨て紙ナプキンによる接触皮膚炎の 1 例, 口頭, 鈴木 加余子, 二村 恭子, 河上 強志, 沼田 充, 佐々木 和実, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020/12/22-24, 国内, 高知, WEB.
  • アボカドアレルギー13例の臨床像とコンポーネントの検討, 口頭, 二村 恭子, 鈴木 加余子, 中村 政志, 佐藤 奈由, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 第2回日本アレルギー学会東海地方会, 2021/3/21, 国内, WEB.
  • 免疫療法剤の開発を目的とした魚アレルギーマウスモデルの確立 第 2 報, 口頭, 末吉 賢也, 徳満 大樹, 下條 尚志, 中村 政志, 檜井 栄一, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 田中 宏幸, 第2回日本アレルギー学会東海地方会, 2021/3/21, 国内, WEB.
  • 各種検査により蕎麦の摂取制限を解除できた成人例, 口頭, 鈴木 加余子, 森 雄司, 近藤 康人, 二村 恭子, 佐藤 奈由, 中村 政志, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 深 谷嘉英, 第295回日本皮膚科学会東海地方会, 2021/3/21, 国内, WEB.

2019

  • ペプチド免疫療法剤の開発を目的とした魚アレルギースクリーニングモデルの確立.末吉 賢也,下條 尚志,中村 政志,山下 弘高,稲垣 直樹,矢上 晶子,松永 佳世子,田中 宏幸.第139回日本薬学会,3/20-23,幕張,2019,国内.
  • グルテンの経口投与は種々の加水分解コムギ末による経皮感作マウスにアレルギー反応を誘導する.徳満 大樹,大日方 翔太朗,佐々木 和美,中村 政志,山下 弘高,松永 佳世子,稲垣 直樹,田中 宏幸.第139回日本薬学会,3/20-23,幕張,2019,国内.
  • ネットで購入したハイドロキノン配合クリームによるアレルギー性接触皮膚炎.松永 佳世子,大庭 美帆,秋山 卓美,河上 強志,田原 麻衣子,五十嵐 良明.第35回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/20-21,松山,2019,国内.
  • 最近経験した色素沈着性接触皮膚炎の3例.鈴木 加余子,松永 佳世子,矢上 晶子.第35回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/20-21,松山,2019,国内.
  • アトピー性皮膚炎が、気管支喘息患者のアスペルギル感作状況に及ぼす影響についての検討.桑原 和伸,加藤 研一,横井 達佳,廣瀬 正裕,近藤 りえ子,鈴木 加余子,矢上 晶子,松永 佳世子,堀口 高彦.第116回日本内科学会総会,4/28,名古屋 ,2019,国内.
  • エビアレルギーの診断について.矢上 晶子,二村 恭子,鈴木 加余子,中村 政志,佐藤 奈由,松永 佳世子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • 海外旅行中に摂取したデザートにトッピングされていたソバの実によるアナフィラキシーの1例.鈴木 加余子,二村 恭子,中村 政志,松永 佳世子,矢上 晶子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • スプレー式消臭剤による接触皮膚炎.鈴木 加余子,二村 恭子,矢上 晶子,松永 佳世子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • Japanese standard allergensを理解する.松永 佳世子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • パッチテストでアクリル樹脂に陽性反応を呈した症例のまとめ.鈴木 加余子,二村 恭子,久野 千枝,松永 佳世子,矢上 晶子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • 高耐久性トップコートのカバーメイク持続性向上によるロドデノール誘発性脱色素斑患者のQOL改善.澄川 靖之,吉川 桃子,増井 由紀子,伊藤 元章,佐々木 稔,坂口 斉,伊藤 明子,鈴木 加余子,矢上 晶子,松永 佳世子.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • アナフィラキシー症状をきたしたウマ皮屑アレルギーの1例.二村 恭子,鈴木 加余子,佐藤 奈由,中村 政志,松永 佳世子,矢上 晶子. 第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • ジヒドロキシアセトン含有化粧品カモフラージュによるロドデノール誘発性脱色素斑患者のQOL改善.松永 佳世子,佐々木 稔,岡島 孝雄,中村 幸子,近藤 雅俊,村瀬 大樹,友國 敦史,宮木 正廣,坂口 斉.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • 血糖モニタシステムFreeStyleリブレによるアレルギー性接触皮膚炎.鈴木 加余子,二村 恭子,矢上 晶子,松永 佳世子,河上 強志,田原 麻衣子,西村 亜佐子,成橋 和正,古橋 卓也.第118回日本皮膚科学会総会,6/6-8,名古屋,2019,国内.
  • 医師のキャリア支援と医療職の働き方改革.松永 佳世子.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • 低アレルゲンコチニールでアナフィラキシーを起こした8歳男児の症例.平瀨 敏志,竹尾 直子,中村 政志,佐藤 奈由,松永 佳世子,谷口 裕章,太田 國隆.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • 2018年度(旧)茶のしずく石鹸等による即時型コムギアレルギーの予後調査結果.中村 政志,矢上 晶子,佐藤 奈由,鈴木 加余子,松永 佳世子.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • グルテンの経口投与は種々の加水分解コムギによる経皮感作マウスにアナフィラキシー様症状を誘導する.徳満 大樹,大日方 翔太朗,佐々木 和実,中村 政志,山下 弘高,松永 佳世子,稲垣 直樹,田中 宏幸.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の抗原解析.桑原 和伸,鬼頭 雄亮,加藤 研一,横井 達佳,廣瀬 正裕,志賀 守,近藤 りえ子,佐藤 奈由,中村 政志,沼田 充,稲葉 重樹,西嶋 桂子,佐々木 和実,松永 佳世子,堀口 高彦.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • エビアレルギーと小麦アレルギーの合併機序の解析.中村 政志,矢上 晶子,酒井 智美,佐藤 奈由,青木 祐治,鈴木 加余子,松永 佳世子.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • 甲殻類・軟体類の交差抗原の詳細解析.佐藤 奈由,矢上 晶子,鈴木 加余子,近藤 康人,中村 政志,松永 佳世子.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • 小児から成人の小麦アレルギーの高感度検出コンポーネント.青木 祐治,矢上 晶子,鈴木 加余子,近藤 康人,長谷川 英里香,酒井 智美,下條 尚志,中村 政志,大野 敏,堀口 高彦,松永 佳世子.第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • 重症大豆アレルギー症例の抗原解析.下條 尚志,矢上 晶子,大野 史晃,大野 敏,中村 政志,鈴木 加余子,松永 佳世子.
  • 第68回日本アレルギー学会学術大会,6/14-16,東京,2019,国内.
  • SSCI-Net症例情報から見えてきた香粧品の皮膚安全性(2019).松永 佳世子,鈴木 加余子,矢上 晶子,杉山 真理子,加藤 則人,若林 正浩,藤井 まき子,林 秀樹,山本 順二,張山 幸江,篭橋 雄二.第44回日本香粧品学6/28-29,東京,2019,国内.
  • メダル落としで感作された8才男児の手のニッケル皮膚炎.松永佳世子,大庭美帆,佐々木和実.第43回日本小児皮膚科学会学術大会,7/20-21,埼玉,2019,国内.
  • 臨床研究データベース「MINERVA」から見つかった小児で注目すべきアレルゲンコンポーネント.青木祐治,森 雄司,鈴木加余子,長谷川英里香,下條尚志,中村政志,矢上晶子,近藤康人,堀口高彦,松永佳世子.第43回日本小児皮膚科学会学術大会,7/20-21,埼玉,2019,国内.
  • 染毛剤によりアナフィラキシー症状を呈した1例.金本 麻裕,田中 麻衣子,松永 佳世子.第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会,9/7-8,高知,2019,国内.
  • ペプチドスクリーニングを可能とする魚アレルギーマウスモデルの確立.末吉 賢也,下條 尚志,中村 政志,山下 弘高,稲垣 直樹,矢上 晶子,松永 佳世子,田中 宏幸.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 職業性による経皮感作魚アレルギーの検討.矢上 晶子,二村 恭子,鈴木 加余子,下條 尚志,大野 史晃,中村 政志,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • アボカドアレルギーの検討.二村 恭子,鈴木 加余子,佐藤 奈由,中村 政志,松永 佳世子,矢上 晶子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 原因確定に苦慮した羊乳アレルギーの1例.鈴木 加余子,二村 恭子,長谷川 英里香,青木 祐治,中村 政志,松永 佳世子,矢上 晶子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 鮭コラーゲンが原因の一つと考えられる,食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の1例.中澤 聡子,尾崎 優介,下條 尚志,大野 史晃,矢上 晶子,中村 政志,松永 佳世子,小野 正恵.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • アレルゲン分子の理解に基づく食物アレルギー診療 PFASの基礎から最新情報.近藤 康人,中島 陽一,森 雄司,岡崎 史子,成田 宏史,下條 尚志,松永 佳世子,森山 達哉.第56回日本小児アレルギー学会・学術,11/2-3,千葉,2019,国内.
  • 鶏卵摂取可能なウズラ卵アレルギーの診断にはウズラのオボムコイドまたはビテロゲニンの検査が有用である.長谷川 英里香,矢上 晶子,近藤 康人,西森 久史,原田 晋,青木 祐治,下條 尚志,中村 政志,北野 宏樹,堀口 高彦,松永 佳世子.第56回日本小児アレルギー学会・学術,11/2-3,千葉,2019,国内.
  • リンゴのImmunoCAPが陰性であったリンゴ摂取によるアナフィラキシーを繰り返した1例.金子 英雄,大塚 行子,下川 祐子,森 理香子,矢島 稔大,岡田 祐希,矢上 晶子,大野 史晃,下條 尚志,中村 政志,松永 佳世子,日野 明日香.第56回日本小児アレルギー学会・学術,11/2-3,千葉,2019,国内.
  • 鶏骨による食物アレルギーが疑われた一例.高松 伸枝,緒方 美佳,青木 祐治,長谷川 英里香,松永 佳世子 第73回日本栄養・食糧学会大会 5/17-19 静岡2019,国内.
  • 接触皮膚炎 ヘアカラーのセルフテストにおける被験物質適用方法の最適化に関する検討.松永 佳世子,中村 政志,久野 千枝,枝松 栄子,矢上 晶子,鈴木 加余子,西岡 和恵,矢野 弘幸,伊藤 明子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 食物アレルギー アボカドアレルゲンコンポーネントの検討.二村 恭子,鈴木 加余子,中村 政志,佐藤 奈由,松永 佳世子,矢上 晶子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • アナフィラキシーを呈した桃アレルギー6例の抗原解析.大野 史晃,矢上 晶子,下條 尚志,中村 政志,鈴木 加余子,二村 恭子,岡崎 史子,成田 宏史,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • エピトープ解析によるエビアレルギーと小麦アレルギーの合併機序の解析.中村 政志,矢上 晶子,酒井 智美,佐藤 奈由,青木 祐治,鈴木 加余子,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • キノコ類摂取による即時型アレルギー3例の抗原解析.佐藤 奈由,矢上 晶子,鈴木 加余子,中村 政志,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 化粧品成分20種のパッチテストの陽性率と濃度・基剤の検討.松永 佳世子,関東 裕美.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1, 横浜,2019,国内.
  • オラネキシジングルコン酸塩(オラネジン)液によるアレルギー性接触皮膚炎の1例.飯島 茂子,小城 一見,高山 典子,松原 直子,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • グルコースセンサーFreeStyleリブレ接着部テープによる接触皮膚炎3例.岩渕 千雅子,栗田 昴幸,日野 治子,関東 裕美,岩本 正照,河上 強志,田原 麻衣子,松永 佳世子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • 職業性アレルギー性接触皮膚炎のまとめ.鈴木 加余子,二村 恭子,久野 千枝,松永 佳世子,矢上 晶子.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 11/29-12/1,横浜,2019,国内.
  • SSCI-Net 2018年度アレルギー性皮膚障害例のまとめ.松永 佳世子,杉山 真理子,張山 幸江,鈴木 加余子,矢上 晶子,加藤 則人,若林 正治,藤井 まき子,佐藤 隆,林 秀樹,山本 順二,篭橋 雄二.第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/29-12/1,横浜,2019,国内.

2018

  • SSCI-Net 2016年度2017年度アレルギー性皮膚障害例のまとめ(最終報告),松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • ケトプロフェン皮膚炎後に紫外線吸収剤のベンゾフェノンで光アレルギー性接触皮膚炎を生じた3例の、他の紫外線吸収剤との共感作の検討とその背景,棚橋 朋子, 沼田 充, 佐々木 和実, 松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • 金チオ硫酸ナトリウムのパッチテスト反応に関する詳細調査,鈴木 加余子, 伊藤 明子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 関東 裕美,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(JSA)2015の2017年度陽性率,伊藤 明子, 松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 関東 裕美,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • 臨床研究システムMINERVAを用いたエビアレルギーの抗原解析,中村 政志, 矢上 晶子, 佐藤 奈由, 大野 敏, 酒井 智美, 青木 祐治, 鈴木 加余子, 下條 尚志, 北野 宏樹, 松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • トロポミオシン感作がエビアレルギーの発症に繋がるか,佐藤 奈由, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 近藤 康人, 中村 政志, 大野 敏, 北野 宏樹, 松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • 当科で診療した魚類アレルギー症例の検討,矢上 晶子, 二村 恭子, 鈴木 加余子, 下條 尚志, 中村 政志, 松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • カラーシャンプーによる接触皮膚炎後に著明な色素脱失斑を生じた1例,佐々木 誉詩子, 内 博史, 古江 増隆, 松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • 歯科用合成樹脂による口腔内接触粘膜炎及び喉頭浮腫を生じた1例,鈴木 加余子, 稲田 紘也, 松永 佳世子, 矢上 晶子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • 新規抗原の関与が示唆されたアボカドアレルギーの一例,二村 恭子, 鈴木 加余子, 中村 政志, 佐藤 奈由, 松永 佳世子, 齋藤 正治, 矢上 晶子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~ パッチテストのすすめと最新情報,松永 佳世子,第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,11/16-18,奈良, 2018,国内.
  • SSCI-Net症例情報から見えてきた香粧品の皮膚安全性(2018),松永 佳世子, 久野 千枝, 枝松 栄子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 杉山 真理子, 片山 一朗, 若林 正浩, 藤井 まき子, 林 秀樹, 山本 順二, 張山 幸江, 篭橋 雄二,第43回日本香粧品学会,6/29-30,2018,東京.
  • 片栗粉の粘土で経皮感作が疑われたジャガイモによるアナフィラキシーを呈した6歳男児例,小林 貴江(春日井市民病院 小児科), 中田 如音, 竹内 陽平, 加藤 俊輔, 前田 徹, 足達 武憲, 星野 伸, 小出 照子, 河邊 太加志, 青木 祐治, 中村 政志, 佐藤 奈由, 松永 佳世子, 近藤 康人,第55回日本小児アレルギー学会学術大会,10/20-21,岡山,国内.
  • BSAやラクトフェリンは牛乳アレルギーの予後不良マーカーとなりうるか,長谷川 英里香, 矢上 晶子, 近藤 康人, 森 雄司, 青木 祐治, 下條 尚志, 中村 政志, 北野 宏樹, 堀口 高彦, 松永 佳世子,第55回日本小児アレルギー学会学術大会,10/20-21,岡山,国内.
  • 食物アレルギー/アナフィラキシー 鶏骨によりアナフィラキシーを起こした1例,緒方 美佳, 青木 祐治, 長谷川 英里香, 高松 伸枝, 松永 佳世,第55回日本小児アレルギー学会学術大会,10/20-21,岡山,国内.
  • SSCI-Net 2016年度2017年度アレルギー性皮膚障害例のまとめ,松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • Japanese standard allergens(JSA)2015の陽性率の推移,伊藤 明子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 関東 裕美, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • アナフィラキシーショック体験後に過剰な回避行動を呈し,食物アレルギーと思いこんだ1例の対応について,鈴木 加余子, 久野 千枝, 檜垣 祐子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • アレルギー研究データベースを活用した食物アレルギーの解析事例,下條 尚志, 矢上 晶子, 青木 祐治, 中村 政志, 北野 宏樹, 小島 淳, 松永 佳世子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • IT技術が加速する産学連携によるアレルギー疾患への新たな挑戦,松永 佳世子, 中村 政志, 青木 祐治, 下條 尚志, 近藤 康人, 北野 宏樹, 小島 淳, 堀口 高彦, 矢上 晶子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • アスペルギルス感作喘息における血清学的検討,桑原 和伸, 横井 達佳, 廣瀬 正裕, 志賀 守, 近藤 りえ子, 堀口 高彦, 中村 政志, 松永 佳世子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • パッチテストに看護師が積極的に関わることの有用性,久野 千枝, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • IgEエピトープ解析による大豆とバラ科果物アレルギーの交差機序の解明,大野 史晃, 下條 尚志, 酒井 智美, 中村 政志, 青木 祐治, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • 魚アレルギー免疫療法剤の開発を目的としたスクリーニングモデルの確立,岩井 恵美, 大日方 翔太朗, 下條 尚志, 中村 政志, 山下 弘高, 稲垣 直樹, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 田中 宏幸, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • 2017年度(旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果,中村 政志, 矢上 晶子, 佐藤 奈由, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • 成人ω-5グリアジン優位感作型小麦アレルギー患者の特異的IgE抗体価の経年変化,濱田 祐斗, 千貫 祐子, 福冨 友馬, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 織田 好子, 福永 淳, 足立 厚子, 平郡 真記子, 秀 道広, 森田 栄伸, 日本アレルギー学会学術大会,6/22-24,千葉,2018,国内.
  • ジェルネイルが原因であった顔面頸部の難治性皮膚炎,鈴木 加余子, 矢上 晶子, 松永 佳世子,第117回日本皮膚科学会総会,5/31-6/3,広島,2018,国内.
  • ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究報告(RD-Team 2017年度),松永 佳世子, 鈴木 加余子, 伊藤 祥輔, 澄川 靖之, 吉川 桃子, 鈴木 民夫, 阿部 優子, 伊藤 明子, 種村 篤, 片山 一朗, ロドデノール誘発生脱色素斑に関する調査研究報告(RD-Team), 第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.
  • 経皮感作食物アレルギーに関するアンケート調査結果,中村 政志, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 松永 佳世子,第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.
  • SSCI-Net医療機器等,家庭用品等による皮膚健康障害,2016年度のまとめ,矢上 晶子, 鈴木 加余子, 松永 佳世子,第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.
  • パッチテストパネル(S)のD7以降の反応について,鈴木 加余子, 横井 彩, 久野 千枝, 松永 佳世子, 矢上 晶子,第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.
  • SSCI-Net外用薬による皮膚健康障害のまとめ,鈴木 加余子, 矢上 晶子, 松永 佳世子,第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.
  • 遊園地リストバンド中のベンゾフェノンによる光アレルギー性接触皮膚炎3例,棚橋 朋子, 佐々木 和実, 松永 佳世子,第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,4/2-29,仙台,2018,国内.

2017

  • メガネ先セルに含まれたSolvent orange 60によるアレルギー性接触皮膚炎.松永 佳世子,矢上 晶子, 鈴木 真理, 佐々木 和実.第281回日本皮膚科学会東海地方会,名古屋.2017/9/3
  • パッチテストにおける金チオ硫酸ナトリウムの年齢別陽性率.鈴木 加余子(藤田保健衛生大学), 矢上 晶子, 松永 佳世子.第116回日本皮膚科学会総会,仙台2017/6/2-4
  • SSCI-Net症例情報から見えてきた香粧品の皮膚安全性(2017) 松永 佳世子(SSCI-Net), 久野 千枝, 枝松 栄子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 杉山 真理子, 片山 一朗, 若林 正治, 藤井 まき子, 林 秀樹, 山本 順二, 篭橋 雄二.第42回日本香粧品学会,東京.2017/6/9-10
  • 2016年度(旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果.中村 政志,矢上 晶子, 永井 晶代, 佐藤 奈由, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • EXiLE法によるコチニールアレルギー患者IgEの抗原性解析.為広 紀正(国立医薬品食品衛生研究所), 安達 玲子, 中村 政志, 竹尾 直子, 山口 正雄, 寺田 信, 原田 晋, 中村 亮介, 永井 晶代, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 近藤 一成.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • 小豆、インゲン豆、白花豆、大豆アレルギーの交差抗原の解析 佐藤 奈由,濱田 匡章, 中村 政志, 下條 尚志, 小島 淳, 矢上 晶子, 近藤 康人, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • プロテオミクス手法によるエビアレルギーの抗原解析.中村 政志,矢上 晶子, 佐藤 奈由, 齋藤 健太, 下條 尚志, 鈴木 加余子, 小島 淳, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • プロテオミクス手法を用いた貝の肝アレルギーの抗原解析.大野 史晃,矢上 晶子, 下條 尚志, 中村 政志, 青木 祐治, 小島 淳, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • 食物アレルギー 治療・管理 魚類による経皮感作により発症した職業性魚アレルギーの臨床的特徴及び対策.矢上 晶子, 中村 政志, 下條 尚志, 鈴木 加余子, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会 東京.2017/6/16-18
  • 食物アレルギー アレルゲンコンポーネント 卵黄中のタンパク質に抗原が検出された鶏卵アレルギーの6例.青木 祐治, 矢上 晶子, 長谷川 英里香, 下條 尚志, 中村 政志, 小島 淳, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • 食物アレルギー アレルゲンコンポーネント 魚アレルギー6例の抗原解析.下條 尚志,矢上 晶子, 中村 政志, 青木 祐治, 永井 晶代, 小島 淳, 松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会,東京.2017/6/16-18
  • アジア地域の女性医師支援事情について.松永 佳世子.第66回日本アレルギー学会2017/6/16-18
  • 皮膚科医の役割.矢上 晶子,松永 佳世子.第116回日本皮膚科学会総会,仙台.2017/6/2-4
  • 香粧品学を学べば美容皮膚科診療の幅が拡がる 化粧品の安全性 試験法と近年の問題事例.松永 佳世子,久野 千枝, 矢上 晶子.第116回日本皮膚科学会総会,仙台.2017/6/2-4
  • 職業性による経皮感作鶏卵アレルギーの1例,矢上 晶子,鈴木 加余子, 横井 彩, 中村 政志, 青木 祐治, 下條 尚志, 堀口 高彦, 松永 佳世子.第48回日本職業・環境アレルギー学会,福井.2017/6/30-7/1
  • Aspirin-exacerbated respiratory diseaseの経過中に好酸球性胃腸炎を発症した1例.桑原 和伸,堀口 高彦, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 横井 彩, 松永 佳世子, 中村 政志, 小林 隆, 三好 広尚, 稲田 健一.第48回日本職業・環境アレルギー学会,福井.2017/6/30-7/1
  • 酸加水分解コムギの脱アミド化エピトープを特異的に認識するモノクローナル抗体を用いた抗原性の解析.酒井 信夫,田原 麻衣子, 中村 里香, 中村 亮介, 佐々木 和実, 西嶋 桂子, 安宅 花子, Tranquet Olivier, Denery Sandra, 佐藤 奈由, 中村 政志, 松永 佳世子, 手島 玲子, 安達 玲子, 五十嵐 良明.日本薬学会第137年会.仙台.2017/3/24-27
  • クリニックが日本を救う!SSCI-Netを知っていますか 「症例情報でつなぐ皮膚の安全」SSCI-Netを知っていますか? 松永 佳世子(SSCI-Net)第33回日本臨床皮膚科医会,神戸.2017/4/22-23
  • 色素性痒疹様皮疹を呈した成人Still病の1例.小野 友華(藤田保健衛生大学), 岩田 洋平, 山北 高志, 萩原 宏美, 松永 佳世子, 杉浦 一充, 小野 友華, 室 慶直, 久保 良二 第67回日本皮膚科学会中部支部,大阪.2017/6/2-4
  • 食物アレルギー アレルゲンコンポーネント 卵黄中のタンパク質に抗原が検出された鶏卵アレルギーの6例.青木 祐治(藤田保健衛生大学 アレルギー疾患対策医療学), 矢上 晶子, 長谷川 英里香, 下條 尚志, 中村 政志, 小島 淳, 松永 佳世子 藤田学園医学会,愛知.2017/10/12-13
  • ひまわりの種によるアナフィラキシーの1例, 口頭,尾本 百香, 松浦 大輔, 葉山 惟大, 照井 正, 中村 政志, 佐藤 奈由, 松永 佳世子, 落合 豊子, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • シルクパウダー含有菓子で誘発された即時型アレルギーの1例, 口頭,伊藤 崇, 関東 裕美, 鷲崎 久美子, 田中 博子, 渡邊 絵美子, 矢上 晶子, 佐藤 奈由, 中村 政志, 松永 佳世子, 石河 晃, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • 皮膚安全性症例情報ネット(SSCI Net)年次報告2015 アレルギー性接触皮膚炎および非アレルギー性接触皮膚炎症例, 口頭,矢上 晶子, 鈴木 加余子, 松永 佳世子.第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • 香粧品による接触皮膚炎を疑いパッチテストを行った症例 2015年のまとめ,口頭,小野田 裕子, 矢上 晶子, 永井 晶代, 高橋 正幸, 吉元 のぞみ, 萩原 宏美, 竹内 誠, 松永 佳世子, 杉浦 一充,第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • 職業性による経皮感作鶏卵アレルギーの1例,口頭,矢上 晶子, 鈴木 加余子, 横井 彩, 中村 政志, 青木 祐治, 下條 尚志, 堀口 高彦, 松永 佳世子.日本職業・環境アレルギー学会2017/6,国内.
  • 2016年度(旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果,ポスター,中村 政志, 矢上 晶子, 永井 晶代, 佐藤 奈由, 松永 佳世子. 日本アレルギー学会 第66回学術大会,2017/6,国内.
  • EXiLE法によるコチニールアレルギー患者IgEの抗原性解析,ポスター,為広 紀正, 安達 玲子, 中村 政志, 竹尾 直子, 山口 正雄, 寺田 信, 原田 晋, 中村 亮介, 永井 晶代, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 近藤 一成. 日本アレルギー学会 第66回学術大会, 2017/6,国内.
  • 食物アレルギー 治療・管理 魚類による経皮感作により発症した職業性魚アレルギーの臨床的特徴及び対策,口頭,矢上 晶子, 中村 政志, 下條 尚志, 鈴木 加余子, 松永 佳世子.日本アレルギー学会 第66回学術大会, 2017/6,国内.
  • 食物アレルギー アレルゲンコンポーネント 卵黄中のタンパク質に抗原が検出された鶏卵アレルギーの6例,口頭,青木 祐治, 矢上 晶子, 長谷川 英里香, 下條 尚志, 中村 政志, 小島 淳, 松永 佳世子. 日本アレルギー学会 第66回学術大会, 2017/6,国内.
  • 食物アレルギー アレルゲンコンポーネント 魚アレルギー6例の抗原解析,口頭,下條 尚志, 矢上 晶子, 中村 政志, 青木 祐治, 永井 晶代, 小島 淳, 松永 佳世子. 日本アレルギー学会 第66回学術大会, 2017/6,国内.
  • 経皮的感作と考えられた職業性小麦アレルギーの1例.横井 彩, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 青木 祐治, 中村 政志, 松永 佳世子, 横山 嘉洋.第116回日本皮膚科学会総会,仙台.2017/6/2-4,国内.
  • ウズラ卵アレルギーと思われた2歳男児例.牛田 英里(三重県立総合医療センター 小児科), 西森 久史, 武岡 真美, 丹羽 香央里, 山田 菜美, 東 礼次郎, 櫻井 直人, 清 馨子, 大森 雄介, 小川 昌宏, 太田 穂高, 杉山 謙二, 松永 佳世子, 青木 祐治, 長谷川 英里香.第120回日本小児科学会学術集会,東京.2017/4/14-16
  • ニンジンアレルギーの1例 西村 真帆(日本大学), 葉山 惟大, 佐藤 奈由, 中村 政志, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 照井 正.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • (旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果,中村 政志, 矢上 晶子, 永井 晶代, 佐藤 奈由, 松永 佳世子.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • SSCI-Net 皮膚健康被害症例報告(2017) 松永 佳世子,久野 千枝, 中村 政志, 横井 彩, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 杉山 真理子, 片山 一朗, 若林 正浩, 藤井 まき子, 林 秀樹, 山本 順二, 篭橋 雄二.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • パッチテストパネル(S)金チオ硫酸ナトリウムの陽性反応について.鈴木 加余子,関東 裕美, 伊藤 明子, 矢上 晶子, 松永 佳世子.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • プラスチックメガネフレーム部品に含まれたSolvent Orange 60によるアレルギー性接触皮膚炎.沼田 充,喜久川 真記, 佐々木 和実, 伊藤 明子, 角田 孝彦, 松永 佳世子.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(セルフテスト)実施率向上に関する検討.松永 佳世子,中村 政志, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 杉浦 伸一.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.
  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(JSA)2015の2015年度および2016年度陽性率,伊藤 明子,松永 佳世子, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 関東 裕美, 日本接触皮膚炎研究班.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島 2017/12/8-10,国内.
  • ハイドロキノンによる色素沈着性接触皮膚炎の1例 パッチテスト試薬の基剤および至適濃度の問題点.横井 彩, 鈴木 加余子, 矢上 晶子, 久野 千枝, 松永 佳世子.第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,鹿児島.2017/12/8-10,国内.

2016

  • Antigenic analysis of soybean allergy by immunoproteomic approach,口頭,Naoshi Shimojo, Masashi Nakamura, Nayu Sato, Yuji Aoki, Akiyo Sano, Tsukane Kobayashi, Akiko Yagami, Atsushi Kojima, Kayoko Matsunaga.第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • アレルゲンコンポーネントを用いた皮膚科領域アレルギー診断,口頭,矢上晶子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 大豆蛋白による即時性アレルギーの1例, 口頭,萩原宏美, 矢上晶子, 佐野晶代, 小林束, 岩田洋平, 鈴木加余子, 中村政志, 下條尚志, 良元のぞみ, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 2015年度(旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果,口頭, 中村政志, 矢上晶子, 佐野晶代, 佐藤奈由, 小林束, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 難治性の加水分解コムギ型小麦アレルギー患者10名に対する抗IgE抗体療法の試み, 口頭,千貫祐子, 矢上晶子, 足立厚子, 松永佳世子, 森田栄伸, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • キュウリの抗原解析, 川井学, 森雄司, 大高早希, 大久保悠里子, 田中健一, 犬尾千聡, 鈴木聖子, 中島陽一, 近藤康人, 柘植郁哉, 青木祐治, 佐野晶代, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 経皮感作により発症した職業性魚アレルギー1例の網羅的抗原解析, 下條尚志, 矢上晶子, 中村政志, 青木祐治, 佐野晶代, 大谷晶子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • ハムスター飼育者に生じたヒマワリの種による即時型アレルギー, ポスター,佐野晶代, 矢上晶子, 小林束, 沼田茂樹, 岩田洋平, 中村政志, 佐藤奈由, 鈴木加余子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 診断から治療に役立つアレルゲンコンポーネント研究 経皮感作により発症した職業性魚アレルギー1例の網羅的抗原解析, 下條尚志, 矢上晶子, 中村政志, 青木祐治, 佐野晶代, 大谷晶子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 食物アレルギーの診断 特異的IgE抗体の活用法 果物アレルギー 各コンポーネントの意義の解明と診断への応用, 近藤康人, 藤澤隆夫, 長尾みづほ, 松永佳世子, 矢上晶子, 成田宏史, 伊藤浩明, 高松伸枝, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 新たな抗原が見つかったカシューナッツによる即時型アレルギーの1例, ポスター,佐藤奈由, 矢上晶子, 下條尚志, 中村政志, 佐野晶代, 岩田洋平, 小林束, 鈴木加余子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 経皮感作食物アレルギーの最新情報 成人における経皮感作食物アレルギー, 矢上晶子, 松永佳世子, 第65回日本アレルギー学会学術大会,2016/6/17-19,国内.
  • 魚類による経皮感作により発症した職業性魚アレルギー,口頭, 矢上 晶子, 佐野 晶代, 山北 高志, 渡邊 総一郎, 萩原 宏美, 岩田 洋平, 松永 佳世子, 中村 政志, 下條 尚志, 鈴木 加余子, 大谷 晶子, 第115回日本皮膚科学会,2016/6/3-5,国内.
  • りんごによるFDEIAの1例,口頭,伊藤 紫, 矢上 晶子, 良元 のぞみ, 渡邊 総一郎, 山北 高志, 岩田 洋平, 松永 佳世子, 佐野 晶代, 佐藤 奈由, 中村 政志, 隅田 志衣, 第115回日本皮膚科学会,2016/6/3-5,国内.
  • 食用シルクパウダーによる即時型アレルギーの1例,口頭, 伊藤崇, 関東裕美, 鷲崎久美子, 田中博子, 渡辺絵美子, 矢上晶子, 佐藤奈由, 中村政志, 松永佳世子, 石河晃, 第115回日本皮膚科学会,2016/6/3-5,国内.
  • 卵によるFDEIAの1例, 口頭,茂木紫, 矢上晶子, 佐野晶代, 良元のぞみ, 山北高志, 岩田洋平, 青木 祐治, 中村政志, 広島光恵, 松永佳世子, 第115回日本皮膚科学会,2016/6/3-5,国内.
  • コチニール色素を含有した饅頭により全身性即時型アレルギーを呈した1例,口頭,廣地真理子,矢上 晶子,永井 晶代,萩原 宏美, 佐藤 奈由,中村 政志,松永佳世子, 第115回日本皮膚科学会,2016/6/3-5,国内.
  • 職業性アレルギーの現状と課題, 座長,松永佳世子,石井芳樹, 第47回 日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会,2016/7/8-9,国内.
  • 2015年度(旧)茶のしずく石鹸による即時型コムギアレルギーの予後調査結果, 口頭,中村政志,佐藤奈由,松永佳世子, 第48回藤田学園医学会,2016/10/6-7,国内.
  • 共同シンポジウム パッチテスト試薬共同研究委員会2015年度最終報告, 口頭,松永佳世子, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • ダイエットサプリメントに含まれたブラックジンジャーによるアナフィラキシーの1例, 口頭, 小坪 恵理子, 大迫 順子, 夏見 亜希, 深井 和吉, 矢上 晶子, 佐藤 奈由, 下條 尚志, 中村 政志, 松永 佳世子, 鶴田 大輔, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • モモアレルギー診療におけるGRPの有用性評価, 口頭,中村 政志, 矢上 晶子, 永井 晶代, 佐藤 奈由, 下條 尚志, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 岡崎 史子, 成田 宏史, 近藤 康人, 伊藤 浩明, 松永 佳世子, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.
  • エビアレルギー39例の臨床症状と検査方法の有用性検討 臨床型とskin prick testおよび特異的IgE抗体(CAP-FEIA/MAST法)の比較, 口頭,齋藤 健太, 矢上 晶子, 永井 晶代, 小林 束, 中村 政志, 下條 尚志, 佐藤 奈由, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 杉浦 一充, 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,2016/11/5-6,国内.

2015

  • 魚類による経皮感作により発症した職業性魚アレルギー, 口頭,矢上晶子,佐野昌代,山木高志,渡邊総一郎,荻原宏美,岩田洋平,鈴木加余子,中村政志,下條尚志,大谷昌子,松永佳世子. 第273回日本皮膚科学会東海地方会 2015/9,国内.
  • 藤田保健衛生大学病院皮膚科における即時型アレルギー症例のまとめ,ポスター, 小林束, 矢上晶子, 佐野晶子, 山北高志, 齋藤健太, 渡邊総一郎, 安藤亜季, 沼田茂樹, 森田雄介, 田中紅, 岩田貴子, 岩田洋平, 有馬豪, 秋田浩孝, 中村政志, 松永佳世子. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • 化粧品等による皮膚障害症例の調査解析および情報ネットワークの確立の取り組み,口頭, 矢上晶子, 鈴木加余子, 杉浦伸一, 松永佳世子. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • 各種加水分解コムギ末の解析(2) −経皮感作性試験−.酒井信夫, 安達玲子, 中村里香, 最上知子, 佐々木和実, 西嶋佳子, 安宅花子, 中村政志, 福富友馬, 松永佳世子, 手島玲子,ポスター, 日本アレルギー学会 第64回学術大会   2015/5, 国内.
  • 鶏卵は摂取できるがウズラ卵の摂取で嘔吐と下痢を繰り返し発症した幼児例の抗原解析,ポスター, 原和宏, 近藤康人, 矢上晶子, 佐野晶子, 松井優子, 中村政志, 松永佳世子. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • コチニール色素アレルギーの抗原解析,ポスター,中村政志, 矢上晶子, 佐々木和実, 西嶋佳子, 安宅花子, 竹尾直子, 福富友馬, 三井直弥, 原田晋, 山口正雄, 宇賀神つかさ, 穐山浩, 佐藤奈由, 佐野晶子, 松永佳世子. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  •  本邦モモアレルギー患者でのアレルゲンコンポーネント測定の有用性,口頭,森雄司, 大高早希, 大久保悠里子, 山脇和夫, 田中健一, 犬尾千聡、中島陽一, 鈴木聖子, 柘植郁哉, 近藤康人, 福家辰樹, 岡崎史子, 長尾みづほ, 矢上晶子, 松永佳世子, 成田宏史, 藤澤隆夫, 伊藤浩明. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • 各種加水分解コムギ末の解析(1) −分子プロファイリング−,口頭,佐々木和実, 西嶋佳子, 安宅花子, 酒井信夫, 中村政志, 安達玲子, 中村里香, 最上知子, 福富友馬, 松永佳世子, 手島玲子.  日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • グルパール19Sによる即時型コムギアレルギーの全国疫学調査およびELISA法GP19S特異lgE抗体の推移,口頭,松永佳世子, 矢上晶子, 中村政志, 手島玲子, 秀道広, 千貫裕子, 森田栄伸, 相原道子, 岸川禮子, 福富友馬, 杉浦伸一. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • グルパール19Sによる即時型小麦アレルギー患者350名の予後調査結果,口頭, 千貫裕子, 河野邦江, 福富友馬, 秀道広, 松永佳世子, 岸川禮子, 相原道子, 横関博雄, 堀川達弥, 足立厚子, 片山一朗, 高橋仁, 塩飽邦憲, 森田栄伸. 日本アレルギー学会 第64回学術大会   2015/5, 国内.
  • 加水分解小麦末(グルパール19S)含有石鹸による小麦アレルギー55例の臨床経過. 佐野晶子, 矢上晶子, 中村政志, 小林束, 有馬豪, 岩田洋平, 松永佳世子. 日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • トウモロコシ含有石鹸を使用していた患者さんにみられたトウモロコシアレルギーの1例,口頭,峠岡理沙, 益田浩司, 矢上晶子, 中村政志, 松永佳世子, 加藤則人.  日本アレルギー学会 第64回学術大会 2015/5, 国内.
  • 当院における2013〜2014年の即時型アレルギーが疑われた239例のまとめ,口頭,小林 束,矢上 晶子, 佐野 晶代, 山北 高志, 齋藤 健太, 渡邊 総一郎, 安藤 亜希, 沼田 茂樹, 森田 雄介, 岩田 貴子, 岩田 洋平, 有馬 豪, 秋田 浩孝, 中村 政志, 松永 佳世子.日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • マカダミアナッツによる即時型アレルギーの1例,口頭,井上 智子, 矢上 晶子, 伊佐見 真実子, 田村 泉, 佐野 晶代, 中村 政志, 松永 佳世子.日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • ミニゲル二次元電気泳動を用いた免疫ブロットはアレルギーの研究に有用である,口頭, 中村 政志, 矢上 晶子, 佐野 晶代, 下條 尚志, 青木 祐治, 佐藤 奈由, 近藤 英里香, 小島 淳, 松永 佳世子. 日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • 小麦摂取により即時型アレルギー症状を呈した患者の網羅的抗原解析, 口頭, 青木 祐治, 佐野 晶代, 矢上 晶子, 近藤 英里香, 佐藤 奈由, 下條 尚志, 中村 政志, 小島 淳, 松永 佳世子. 日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • 化粧品等皮膚安全性症例情報ネット(SSCI-Net)2013年度2014年度疫学調査報告, 口頭,松永 佳世子, 矢上 晶子.日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • 経皮感作が疑われたビールによる即時型アレルギー,口頭,矢上 晶子, 鈴木 加余子, 佐野 晶代, 小林 束, 山北 高志, 岩田 洋平, 中村 政志, 菅野 美穂, 松永 佳世子.日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.
  • 経皮経粘膜感作が疑われた小麦、大麦、ライ麦アレルギーの1例,口頭,佐野 晶代, 矢上 晶子, 小林 束, 渡邊 総一郎, 中村 政志, 森 真弓実, 松永 佳世子.日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会,第45回学術大会,2015/11,国内.

特許

1. うずら卵

  • 特許第5894695号/特願2015-105856【うずらの卵アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • PCT/JP2016/065522【うずらの卵アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社) →2020年韓国登録

2. 鶏卵

  • 特許第6381093号/特願2017-541714【卵アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • PCT/JP2017/020654【卵アレルギーの新規抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • PCT/JP2017/043877【アレルギーの抗原及びエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • 特許第6512619号/特願2018-141311【卵アレルギーの新規抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • 特許第6579461号/特願2019-066871【卵アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)

3. 大豆

  • PCT/JP2017/032005【アレルギーの抗原およびそのエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • 特願2018-503433【大豆アレルギーの新規抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)

4. 魚

  • PCT/JP2017/017018【魚アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • PCT/JP2017/45832【アレルギーの抗原およびそのエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)
  • 特願2018-523566【魚アレルギーの抗原】(藤田学園、ホーユー株式会社)

5. エビ

  • PCT/JP2018/017472【アレルギーの抗原およびそのエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)

6. 加水分解小麦アレルギーの遺伝子マーカー

  • 特願2017-116482【脱アミド化小麦タンパク質アレルギーに対する感受性又は抵抗性を有する個人を識別する方法】(藤田学園、筑波大学)

7. 小麦

  • 特願2019-110700【アレルギーの抗原およびそのエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)

8. ラテックス

  • 特願2020-010891【アレルギーの抗原およびそのエピトープ】(藤田学園、ホーユー株式会社)