グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 大学案内  > 学長からのメッセージ

学長からのメッセージ

沢山の患者さんから愛される
「良き医療人」を目指そう

学校法人藤田学園は、医師でありしかも優れた科学者でもあった故・藤田啓介先生によって1964年に創設された医療系総合学園です。1968年には現在の医療科学部の前身である衛生学部が、1972年には医学部が設立されています。

建学の理念として掲げた「独創一理」には、「一人ひとりの創造力が、新しい時代を切り拓く力となり得る」という考えが示されています。また、藤田保健衛生大学病院(第一教育病院)では開院当初から「我ら弱き人々への無限の同情心持て、片時も自己に驕ることなく医を行わん」という病院理念を掲げ、患者さん中心の医療の実践を目指しています。私たちはこの病院理念があるお蔭で、自信を持って日々患者さんに接することが出来るのです。

本学では日常の教育、診療や研究のみでなく、様々な社会的ニーズにも前向きに取り組んでおり、他大学との交流や産業界、地域社会との連携、そして最近では海外の医療系機関との積極的交流を進めています。実際に海外の20を超える大学と学術交流協定を締結しており、学生や教職員の皆さんが国際的に活躍できることを期待しています。

本学には藤田保健衛生大学病院ほか3つの教育病院があり、最先端医療から終末期医療まで、幅広い領域の医療を身近で学べる環境が整っています。2017年12月には大学病院新棟も完成し、新設の国際医療センターでは本格的に外国人の診療も始まります。

医療人を志す向学心に燃えた皆さん、将来の我が国の医学・医療を担うために、藤田保健衛生大学で学び、未来に向かって我々と一緒に邁進してくれますことを大いに期待したいと思います。




藤田保健衛生大学 学長
星長 清隆