グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 大学案内  > コンプライアンスへの取り組み  > セクシュアルハラスメント防止・対策ガイドライン

セクシュアルハラスメント防止・対策ガイドライン

キャンパス・セクハラ防止・対策ガイドライン(抜粋)


I.基本的宣言

藤田学園は、個人の尊厳、法の下の平等、学習研究の権利と自由、勤労の権利などを定めた日本国憲法、教育基本法、男女雇用機会均等法、労働基準法などに謳われている精神に則り、基本的人権を尊重した男女共同参画型の社会づくりを目指す上で、個人の人権を侵害するセクシュアル・ハラスメントは絶対にあってはならないものと考えます。
そこで藤田学園は、学園において学び研究し働くすべての構成員が、個人として尊重され、公正で安全な環境の下で勉学研究に専念し、課外活動を楽しみ、職務に従事する機会と権利を保障することに努めます。その一環として、万一セクシュアル・ハラスメントなどの人権侵害・性差別が発生した場合には、厳しい姿勢で速やかに適正な手続きによる適切な対応をおこなうことを宣言します。
また藤田学園は、セクシュアル・ハラスメントなどの人権侵害・性差別の防止及び根絶のための学習討論の機会を、すべての学生・教職員に提供するように努めます。

本学園は、このような基本理念に基づいて、「藤田学園キャンパス・セクシュアル・ハラスメントの防止・対策等に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」、ならびに「同・規程」を定めました。

II.本ガイドラインの適用範囲(対象者、時期、場所など)

  1. 対象者は、原則として本学園を構成している各学部・学校のすべての学生です。学生とは、大学院生、学部生、専門学校生、留学生、研究生、科目等履修生、公開講座の受講生など、本学園で教育を受ける立場にあるすべての者を指します。
  2. 在学中にセクシュアル・ハラスメントの被害を受けたとして本学園に訴えることのできる時期は、原則として、在学中はもちろん、卒業・退学・除籍などで学籍を失った後でも可能な限り受け付けます。
  3. セクシュアル・ハラスメントが本学園の学生と学生、あるいは学生と教職員の相互間において問題となった場合には、学園内・外、講義・実習などの授業内・外、課外活動内・外、勤務時間内・外などのそれが起こった場所・時間帯を問わずに検討の対象とします。教職員とは、常勤・非常勤を問わず本学園に勤務するすべての教員及び職員を指します。
  4. セクシュアル・ハラスメントが本学園の学生と学外者との間において問題となった場合、特に加害者が学外者の場合には、本学園は本ガイドラインを準用して必要かつ適切な措置を講じ、被害者の救済・問題解決のための努力をおこないます。

III.キャンパス・セクシュアル・ハラスメントに対する本学園のシステム

おおまかに、(1)相談者(被害者)からの訴え・相談を受けて、本学園は、(2)相談者(被害者)の援助・人権保護、(3)事実関係の調査、(4)相談者(被害者)と当事者(加害者)双方の和解・調停に関する仲介・斡旋、(5)当事者(加害者)に対する学園としての措置・処分よりなる活動をおこないます。和解・調停の斡旋が不成立に終わった時は、正式な裁判による決着を図るように進言します。
以上の項目を順に並べると下図になります。

キャンパス・セクシュアル・ハラスメントに対する本学園のシステム

IV.セクシュアル・ハラスメントが生じたら

基本的な心がまえ

  1. あなたが相手方の性的言動を「不快」だと感じたら、相手に対して言葉と態度ではっきりと、「自分は望んでいない」こと、「不快である」ことをその場で伝えて下さい。相手が目上の人や上級生であっても勇気をもってあなたの意志をはっきり相手に伝えることが大事です。自分一人で言えない時には、周囲の人に話して助けて貰うとよいでしょう。
  2. 相手が目上の人や上級生であったり、態度が恐ろしかったり、気が動転したりして、その場では「不快である」、「ノーである」、「やめて欲しい」ことを相手に伝えることができなかったとしても、あなたが悪いわけではないので、自分を責めないようにしましょう。そして一人で悩んだりせずに、なるべく早く相談窓口員に相談しましょう。
  3. あなたにとっての不快な性的言動 が、「いつ・どこで・誰から・どのようになされたのか」について、できるだけ記録を取ったり、証拠になる品物を保管しておくとよいでしょう。また誰か証人になってくれる人がいる時には、その人に後で証言して貰うことの承諾を取っておくとよいでしょう。
  4. もしあなたが、あなたの周囲でセクシュアル・ハラスメントがおこなわれている現場に遭遇したら、勇気を出して止めさせ、助けてあげましょう。そして当事者(加害者)に注意したり、相談者(被害者)には証人になってあげることを約束してあげましょう。またその事実を相談者の了承を得た上で、相談窓口員に通報して下さい。注意すること・証言すること・通報することで、あなたが本学園のなかで不利になることは絶対にありません。万一不利になりそうな状況が生じたら、そのことを相談窓口員に相談して下さい。学園は二次被害を防止するために最大限の努力をします。
  5. もしあなたが、あなたの周囲の人から、セクシュアル・ハラスメントに関する悩みの相談を受けたら、できるだけ相談にのってあげて下さい。そして一人で悩んでいないで、すぐに相談窓口員を訪れることを勧めてあげて下さい。一人では行けないと言われたら、できるだけ一緒についていってあげて下さい。または本人の了解の下に手紙、電話、電子メールなどを代行してあげて下さい。

学園への相談・訴えと相談窓口員

  1. あなた(あるいはあなたの周囲の人)がセクシュアル・ハラスメントに関して相談したい・訴えたい・通報したいと思ったら、セクシュアル・ハラスメント相談窓口員の誰でもかまいませんから、最も行き易い・最も利用し易いと思われる相談窓口員を訪れて下さい。またもし一人では行きにくい時は、親しい友人などに一緒に行って貰いましょう。
  2. 相談は面談だけでなく、手紙、電話、電子メールなどでも受け付けますので、あなたの一番利用しやすい方法で相談して下さい。相談することであなたが不利になることは絶対にありませんし、二次被害が生じることもありませんから、安心して相談して下さい。希望により匿名での相談にも応じます。なお言うまでもないことですが、虚偽の申し立てはしないで下さい。
  3. 相談窓口員は、あなたの相談・訴えの内容とあなたの気持を親身に聞いた上で、あなたのプライバシーを厳重に守りつつ、簡単な書類(相談受付票)を作成し、直ちにキャンパス・セクシュアル・ハラスメント対策委員会へ連絡・報告します。つまり相談窓口員の仕事は、相談事の受付と対策委員会への連絡であり、相談窓口員が自ら当事者(加害者)との間に入って相談事の解決にあたることは原則としてありません。
  4. なお、相談窓口員が知らない人ばかりで行きにくい、ほかに相談し易い教職員がいる、などの場合には、上記の相談窓口員にこだわらずに、クラス担任、授業や実習担当、クラブ活動などで気心が知れ、相談し易い教職員のところへ直接相談に行っても構いません。本学園に勤務するすべての教職員がこれに該当します。相談を受けたこれらの教職員は、上記と同様に対策委員会へ連絡・報告をおこないます。

VI.本学園の対応

  1. 本学園は、相談窓口員からの連絡に基づいて、直ちにキャンパス・セクシュアル・ハラスメント臨時緊急対策委員会を開催します。また必要な場合には専任カウンセラーを決定します。さらに必要と判断された場合には、調査委員会、調停委員会を設置します。
  2. その詳細はガイドラインをお読み下さい。

VII.セクシュアル・ハラスメントを起こさないために(個人としての注意・予防)

  1. 男女は互いに対等なパートナーであることを認識し、常に相手の人格を尊重するとともに、相手の立場に立って考え行動することが必要なルールです。相手を性的な対象と見て力関係で支配し、心理的に圧迫したり、身体的に傷つけるようなことは絶対にしてはなりません。
  2. 性に関する言動に対する受け止め方には、個人差や男女の差、立場の差などがあることを正しく認識して下さい。そしてあなたの行動がセクシュアル・ハラスメントに相当するか否かは、相手の判断がもっとも重要であることをよく認識して下さい。
  3. 相手が拒否し、嫌がっている場合には、同じ言動を繰り返さないことが重要です。
  4. あなたの行動がセクシュアル・ハラスメントに相当するか否かについて、相手がいつも明確に意思表示をするとは限らないことをよく認識して下さい。
問い合わせ先学生部事務室(医療科学部1号館) 電話0562-93-2636