グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医学部医学科  > 教育施設・設備  > スキルスラボ

スキルスラボ

設立の目的

将来医療人になる学生及び教職員が生涯にわたり医療の専門職として
社会に貢献し得る医療技能を安全かつ有効に修得できる場を提供する。


生涯教育研修センター14階(Clinical Simulationフロア)に平成19年9月に開設

年間利用者は延べ13,000名、日本で最大規模のシミュレーションセンターの一つです。
利用者の半数は医学生ですが看護師、研修医の利用者数も増えています。利用する学生は基本的診療技能獲得、現場の看護師は輸液ポンプの調整法、留置針の固定法など患者さんの安全・安心に直接結びつく手技や技能の修得、研修医にはオリエンテーション、接遇セミナー、ACLS講習会などのプログラムが充実しています。
今後さらに多職種間スキルトレーニングや多重負荷トレーニングなどチーム医療を念頭に置いたプログラム開発などにも取り組んでいきます。
Clinical Simulation Floor
(CS フロア)
  • 約1,000㎡
  • タスクトレーニング室、Clinical Simulation室、
    カンファランス室、管理室からなる