グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医学部医学科  > 6年間の学び・カリキュラム  > 1年次のカリキュラム

1年次のカリキュラム

「良き医療人」をめざし
人間形成を含めた基礎を築く

医師としての基礎を築くべく、「医学教育入門」「生命倫理学」「人の行動と心理」などを通じて医学の導入部分を学びます。また、入学直後より医療現場を見学・体験できる「早期臨床体験(Early Clinical Exposure)」を実施。医師になるためのモチベーションを高め、医療人としての自覚形成を促します。さらに、「解剖学A」「組織学」では、基礎医学ならびに臨床医学を学ぶために、その基礎として必要な人体の構造と機能の基礎的知識を習得します。


1年次カリキュラム一覧

医人間学系近現代文学
論理学
人類学
社会学
歴史学
教育学
法学
経済学
数学
医学教育入門
人の行動と心理Ⅰ
読書ゼミナール(科学研究の基礎Ⅰ)
医療コミュニケーション
コンピュータ情報処理学
生命論理学
総合講座(病と死の人間学)
英語
Medical EnglishⅠ
ドイツ語
フランス語
ポルトガル語
中国語
健康科学
体育実技
生物学
化学
物理学
生理化学
基礎医学系解剖学A組織学
臨床医学系早期臨床体験

ピックアップカリキュラム

早期臨床体験(Early Clinical Exposure)

医療人としての自覚を促す

1年次の早期段階では、医療的な専門知識の習得を前に、基盤となる心構えを養うための実習を実施。授業は2部構成となっており、1学期はコメディカルスタッフの業務を、2学期では臨床各科の様子をそれぞれ見学します。また、大学病院において挨拶などを通じて患者さんと接する機会をもうけ、チーム医療への意識や医療人としての自覚を促します。

読書ゼミナール —科学研究の基礎Ⅰ—

体験型学習を通してコミュニケーション力を身につける

医学を始めとする諸学を学ぶ上で必要な基礎的思考能力の習得と言語による表現力の啓発を目的としています。医療の世界は既にインフォームド・コンセントが広く浸透しており、患者さんやご家族の心情を汲み取った上で適切かつ的確に、かつ曖昧さを極力排して、言葉や文章によって説明できるという能力が医療従事者には強く要求されます。体験型学習の中でコミュニケーションについて学びます。

在学生VOICE

チーム医療の大切さを理解できました

チーム医療に重きを置いた他学部との合同授業アセンブリや国家試験合格率の高さなどにひかれて入学しました。読書ゼミナールや医学教育入門など少人数制の授業では、さまざまな意見を聞くことができ、勉強への意欲がアップ。早期臨床体験では医療者の仕事を間近で見ることができ、チーム医療の大切さを知ることができました。また、組織学や解剖学などの専門的な授業も始まり、医学部生としての実感もわきつつあります。将来の目標は、地域医療に貢献すること。そのためにもさまざまな人と接し、自分自身が思う〝良き医療人〟になれるように成長していきたいと思います。

1年 大島 千明(愛知県 愛知淑徳高校卒業)