グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 講座情報(研究室情報)  > 耳鼻咽喉科学I

耳鼻咽喉科学I

Department of Otolaryngology


E-mailjibika@fujita-hu.ac.jp

研究室スタッフ

教授内藤 健晴櫻井 一生
准教授加藤 久幸
講師岩田 義弘吉岡 哲志
助教村嶋 智明
平井 恵美子
田邉 陽介
日江井 裕介
堀部 兼孝
長坂 聡
相馬 裕子
犬塚 雄貴
助手森 茂彰
浅井 康德
船橋 一真
岩元 翔吾

臨床概要

年間外来患者数26,040名
病床数52床
1日平均入院者数45名
年間手術件数764件

後期研修医臨床研修プログラム

1.目的と特徴
耳鼻咽喉科における後期研修では一般的な耳鼻咽喉科疾患の診断法と治療法を習得、実践し、5年後(卒後7年目)には専門医資格を得ることを目的としています。当科の特徴としては耳科、鼻科、咽喉当科、気管食道科、頭頸部外科すべての領域の疾患を数多く診療しており、幅広く臨床研修をおこなうことができ、専門医資格を得るためには最適な条件がそろっています。

2.プログラム責任者
内藤健晴(日本耳鼻咽喉科専門医、日本耳鼻咽喉科学会認定医、日本アレルギー学会指導医)

3.運営指導体制および指導医数
教授2名、准教授1名、講師3名、助教4名、助手4名が在籍し、後期研修の指導体制を整えています。日本耳鼻咽喉科専門医のほか日本気管食道科専門医、日本アレルギー学会指導医、日本レーザー医学会指導医、日本癌治療学会臨床試験登録医の資格をもち、5名が臨床指導医講習会を終了しています。

4.研修カリキュラム
  1. 2年間は外来診療と聴力検査、平衡機能検査、内視鏡検査、超音波検査などの外来検査を研修し修得します。また耳鼻咽喉科疾患各種画像を学び、生検や細胞診を実践します。口蓋扁桃摘出術や鼻茸摘出術など術者として行えるよう研修します。
  2. 3年目からの3年間は1に加え専門医としての実力を備えるため、入院患者を受け持ち診断法や治療方法を学び実践します。耳科手術、頭頸部外科手術の手術手技や術前、術後管理を研修します。

5.窓口担当者
櫻井 一生(教授)
連絡先:耳鼻咽喉科医局
電話:0562-93-9291
FAX:0562-95-0566
E-mail:jibika@fujita-hu.ac.jp

講座情報(研究室情報)