グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 講座情報(研究室情報)  > 講座外部門 口腔外科

講座外部門 口腔外科

Department of Oral and Maxillo-facial Surgery


研究室スタッフ

教授水谷 英樹(顎関節疾患、口腔腫瘍、顎変形症)
准教授佐藤 公治(顎関節、口唇口蓋裂)
助教相澤 貴子(口唇口蓋裂)
小林 義和(口唇口蓋裂)
奥井 太郎
助手蟹江 一泰
歯科医師北川 健
樋田 貴文
小島 好博

教育

1.学部教育
医学部4年生を対象に年1回の講義を行っている。口腔器官の構造と機能、全身疾患と口腔疾患との関わり、口腔ケアの意義などを中心とした内容になっている。

2.本学専門学校教育
看護専門学校3年生を対象に年3回の講義を行っている。内容は口腔疾患を有する患者(小児から大人まで)の看護や口腔ケアの実践などである。

3.他大学・他施設における講義
名古屋大学大学院医学研究科に任命され、年1〜2回の講義を行っている。

4.社会活動、地域社会への関わり
年1〜2回、大学周辺地域の歯科医師会との勉強会を開催している。

5.各種委員会等大学教育管理活動
感染防止対策委員会委員、地域医療連携強化委員として参画している。

研究

口唇口蓋裂について症例や臨床調査などの臨床研究を中心に行っている。

口蓋形成術手術用デバイスの開発
口蓋裂患児の手術録、臨床データを後方視的に検討し新たな器械、器具の開発を目指している。最近では小下顎を伴なう口蓋裂患児に対して用いるDingman開口器の安全性の向上を目的に、新たな舌圧子の規格を検討している。

顎裂部腸骨移植術の予後規定因子に関する検討
本学で開発された320列面検出器CT撮影画像による高精細な画像を用い、顎裂部腸骨移植術後の骨架橋に関する予後規定因子について、精密な分析を行っている。

口唇口蓋裂患児の顎裂隣在歯に関する疫学的・解剖学的調査
口唇口蓋裂患児の顎裂隣在歯について、裂型による違いと顎裂部自家骨移植術(SBG)後の歯列矯正において、どのように咬合へ利用されたかについて後方視的研究を行っている。

診療

口唇口蓋裂センターの一員として口蓋形成術、顎裂部骨移植術の口唇口蓋裂患児の治療を中心に行っている。口腔がん、顔面外傷、顎変形症などに対する手術を多く行っている。
この地区の中核病院口腔外科として紹介受診する患者を中心に、埋伏智歯抜歯術、口腔領域の嚢胞性疾患、良性腫瘍はもちろんのこと、有病者(心疾患、代謝性疾患、免疫疾患のなどを有する患者)を対象に抜歯などの観血的処置を中心とした治療を行っている。

主な治療成績

口唇口蓋裂
1987年開設の口唇口蓋裂センターの一員として、形成外科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、小児科、麻酔科との連携のもと、治療に取り組んでいます。口腔外科では口蓋形成術、顎裂部骨移植術を担当しています。
口蓋形成術は披裂縁粘膜弁を用いた2回法手術を原則としており、手術侵襲に伴う中顔面劣成長を可及的に軽減します。顎裂部は形成外科や地域の矯正歯科医との連携により、自家骨海綿骨移植による閉鎖術を実施し、歯槽骨の連続性回復や口唇・外鼻形態の改善を図っています。センターの初診患者数は年間80~100人を数え、中部地方はもとより、日本屈指の管理患者数を誇ります。

口腔悪性腫瘍
当科が最も多く扱うのは舌癌で、約60%を占めます。以下、頬粘膜癌、歯肉癌、口底癌などが続きます。
治療法として手術、放射線化学療法がありますが。2014年からは耳鼻咽喉科、臨床腫瘍科、放射線科などの院内他科と綿密な連携のもと治療にあたっています。
2011年までの5年累積生存率StageⅠ95.1%、StageⅡ80.4%、StageⅢ75.0%、StageⅣ59.3%です。

顎変形症
下顎前突、上顎前突などをはじめとする顎変形症の治療では、地域矯正歯科医と連携を密に行い、術前管理、手術時期、術式の決定、術後管理を一貫して行うほか、顎関節専門医による術前後の顎運動指導も行っています。

唾石症
顎下腺唾石症に対する手術は、深在性唾石を含め95%以上の症例で口腔内からのアプローチのみで摘出可能な技術を有しています。

その他
歯性感染症、口腔粘膜疾患、顎骨骨折、全身的基礎疾患を有する患者様の抜歯など、さまざまな顎口腔領域の疾患に対応しています。

講座情報(研究室情報)