グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




法医学

Department of Legal Medicine


研究室スタッフ

教授磯部 一郎
助教濵島 誠
越智 拓
平田 ゆかり

沿革

法医学講座は、昭和50年4月に初代教授宮内義之助(千葉大学名誉教授)により開講された。以後、第2代太田紳一郎教授、第3代黒田 直教授、第4代内藤道興教授、第5代藤倉 隆教授、第6代石井 晃教授が歴任し、平成20年3月からは磯部一郎教授が本講座を担当している。

教育活動

法医学の講義及び実習は現在4年生で行われており、死体現象、損傷論、窒息論、中毒、血液型とDNA鑑定、死体検案と監察医制度、医事法制等を講義している。また、六年生対象のCM-IIや、一年生対象の少人数学習方式の「読書ゼミナール」等の講義にも積極的に参加している。

講座情報(研究室情報)