グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




倫理学

Ethics


E-mailt-sato@fujita-hu.ac.jp講座ホームページhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~t-sato/sato-hp.html

研究室スタッフ

教授佐藤 労

講座の歴史

私立の医科大学としては珍しく、開学当初から専任の倫理学の教員がいたと聞いている。知る限りでは、二代目が小林保則先生(ヘーゲル研究)で、三代目が正野泰周先生(日本思想研究)で、現在の佐藤(カント研究)は四代目になると思われる。

研究1・生命倫理学

生命倫理学の研究領域

  1. 生殖補助医療の倫理学
  2. 人工妊娠中絶の倫理学
  3. 移植医療の倫理学
  4. 終末期医療の倫理学
  5. 遺伝子医療の倫理学

ほかに「ハンセン病の倫理」とくに「無らい県運動」について研究している。

研究2・カントの倫理学

自律の思想、とくに、倫理と科学の関係性、を研究している。
また「日本におけるカント文献目録」の作成。単行本・雑誌掲載論文の書誌情報を継続的に収集し『現代カント研究』に発表し続けている。雑誌論文にかんしては、1970年から始まり、最新号では2010年までを収録した。単行本に関しては、日本最古の単行本から2005年までを『カント全集』に収録した。

倫理委員会

倫理の専門家として各種の倫理関係委員会に参加している。

  1. 医学研究倫理審査委員会
  2. ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会
  3. 遺伝子組換えヒト細胞を用いない遺伝子治療、倫理審査委員会
  4. 臨床倫理委員会
  5. 治験審査委員会
  6. 利益相反委員会
  7. 動物実験委員会

講座情報(研究室情報)