グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 講座情報(研究室情報)  > 循環器内科学I

循環器内科学I

Division of Cardiology


講座ホームページhttp://www.junkanki.fujita-hu.jp/

研究室スタッフ

教授尾崎 行男渡邉 英一
准教授皿井 正義元山 貞子
講師加藤 靖周
奥村 雅徳
村松 崇
原田 将英
山田 晶
助教大田 将也
石川 正人
奥山 龍之介
椎野 憲二
越川 真行
市川 智英
河合 秀樹
川合 真由美
高津 英麿
森本 理一郎
永原 康臣
宮城 芽以子
橋本 羊輔
星野 直樹
吉木 優
牧野 太郎
樋口 悠希
宮島 桂一
本池 雄二
西村 豪人

理念

藤田学園創設者 藤田啓介先生の言葉の一節である、「片時も自己に驕(おご)ることなく医を行わん」を不断の研鑽の目標としている。患者中心の、安全で質の高い医療を提供することによって、社会に貢献するとともに人間性豊かな医療人を育成することを理念としている。

沿革

 開学にあたり、昭和48年4月、名古屋大学第一内科から水野康先生が内科学講座IIIの教授として赴任された。その後、内科学講座IIIは循環器、血液、内分泌、および神経の4内科に分離した。昭和63年に菱田仁士先生が、また、平成2年には渡邉佳彦先生が、それぞれ循環器内科教授に昇任した。平成10年7月より渡邉教授は坂文種報徳會病院(第二教育病院)専任となり、また、平成15年4月からは野村雅則先生が第二教育病院循環器内科教授に昇任した。平成23年4月からは野村教授の退任に伴い、井澤英夫先生が教授に就任した。また第一教育病院(豊明)循環器内科は菱田教授の退任に伴い、平成19年4月に尾崎行男先生が第一教育病院(豊明)教授に就任した。平成27年現在、同門の数は210名を越え、関連病院や地域医療において活躍している。

教育

 藤田啓介先生は、「人生究極の事業は教育である」との信念を持たれていた。
教室員も医学部教育は最も重要な使命の一つであるとし、
学生教育と研修医教育に熱心に取り組んでいる。

学生教育:臨床実習に配属された医学部5年生は、クリニカル・クラークシップの趣旨に沿って、医療チームの一員として臨床に参加する。実際の経験や体験を通して医学を身につけるよう指導している。2週間の間に心電図、心エコー図、心機図などの少人数教育が徹底して行われる。

卒後教育(初期研修):循環器内科は内科研修のローテーションの一環を担う。循環器内科ローテーション中に、CCUをローテーションすることもできる。CCUでの研修は、心疾患に加えて、重症患者の全身管理の勉強になるとして好評である。EPOCレポートの作成を通して、患者サマリーの作成法や、プレゼンテーションの練習を行うこととしている。

卒後教育(後期研修):いくつかのコースが設定されているため、詳細は後期研修プログラムを参照されたい。主なコースは、3年目に循環器内科の大学院生あるいは助手として入局し、はじめの1年間は、下記の6つの研究グループをローテーションして、循環器病学の臨床全般にわたり専門的技術と知識を習得させるものである。4年目より、臨床に加えて各研究グループに所属して、学位の取得を目指した研究を始める。またこれとは別に、3年目に循環器科以外の臨床科を研修し、4年目に循環器科に入局するコースもある。後期研修は、他大学あるいは他施設で初期研修を終了してからの応募者も多いため、本人の希望に沿った、フレキシブルな対応を行うこととしている。年間1,700人の入院症例があり、他施設では見られないような、多彩な症例を経験することができる。

日常的には、入退院カンファレンス、教授回診、症例検討会、抄読会・研究報告会、および内科・心臓血管外科合同カンファレンスがある。

研究

 国の特定機能病院の循環器科として心臓疾患全般を取り扱う。全入院症例のデータベースを構築し、これを利用した臨床研究を主な柱としている。医局員だけでなく、国内および海外からの臨床研究員(fellow)や、循環器内科研究員として登録された臨床検査技師らも熱心に研究に取り組んでいる。循環器疾患の各分野の専門家を有し、それぞれが当地方における指導的役割を果たしている。主な研究テーマは下記6領域にわたる。

1.冠疾患:心臓カテーテル検査や冠動脈インターベンションとともに、冠動脈硬化症のイメージングを主な研究テーマとしている。尾崎教授は、冠動脈ステントの黎明期より開発や改良に携わっていた。下記の、心臓CTアンジオとともに、冠動脈イメージングは世界のトップレベルにある。また、虚血心筋の再生医療にも取り組んでいる。その他、豊富な症例を背景に、心不全や心筋梗塞などの心筋傷害の生化学的診断や予後の推定についての研究も行っている。全国規模、世界規模の臨床治験の発案・推進に力を入れている。

2.不整脈:心不全に合併した不整脈発生の機序や突然死の予測法、および治療法の開発を主なテーマとしている。心房細動の全国規模、世界規模の臨床試験の参加、推進に力を入れている。また、致死性不整脈に対して植え込まれた除細動器治療の遠隔医療調査を発案し、全国規模で観察を行っている(J-HOME ICD研究)。心不全と睡眠時無呼吸の関連や、人工呼吸器による治療法の開発調査も行なっている。

3.心不全:心不全患者のデータベースを構築し、心不全治療のエビデンス確立をめざしている。心不全における心筋保護法の臨床的応用、心不全における神経体液性因子の役割などに関する研究を行っている。

4.心臓超音波:心形態や心機能診断、および、虚血評価などに加えて、負荷心エコー法や組織ドップラー法など、臨床に直結した新たな研究を進めている。

5.心臓画像診断:マルチスライスCTや核磁気共鳴装置を用いた心血管の動脈硬化症の診断を行 なっている。特に心臓マルチスライスCTは産学協同で世界のトップレベルを独走している。また、核医学は、心電図同期SPECTによる虚血性心疾患の診断や心機能評価を行なっている。

6.心臓病理:心筋症と心筋炎の臨床研究やガイドラインの作成などを行っている。国内で心臓病理のエキスパートは少ないため、診断評価を求めて全国各地から心筋生検標本が送られてくる。東海地方の心臓移植における内科代表としての役割も果たしている。
以上に述べた各研究グループの成果は、下記の国際学会、国内学会で発表されるとともに、英文論文として出版されている。欧米への留学も盛んであり、また、アジア各国からも留学生を受け入れている。
国際学会• 米国心臓協会(AHA)
• 米国心臓病学会(ACC)
• ヨーロッパ心臓病学会 (ESC)
• Heart Rhythm
• 国際心不全学会
国内学会• 日本内科学会
• 日本循環器学会
• 日本心臓病学会
• 日本脈管学会
• 日本心血管インターベンション治療学会
• 日本不整脈心電学会
• 日本心不全学会
• 日本心血管作動物質学会
• 日本時間生物学会
• 日本高血圧学会
• 日本核医学会
• 日本心臓核医学会
• 日本心臓リハビリテーション学会
• 日本心血管画像動態学会

診療

外来診療:月曜から土曜まで毎日2〜3診で行っている。一日平均約120例の外来患者がある。専門外来としてはペースメーカー・ICD外来がある。ERには、教室員が一名常駐している。

入院診療:病床数は一般病棟70床、救命救急センター(CCU)10床であるが、冬季には一日入院患者数は100例を超える。循環器科と他の内科診療科との相違は、医師自身が行う診断・治療手技が多く、外科に近い部分があることであろう。心臓カテーテル技術の発展・普及により、さまざまな心臓病の診断・治療に応用されている。当科では週に約30例(年間1,100例)の心臓カテーテル検査、および冠動脈血管形成術が行われている。さらに、昼夜に関わらず緊急の心臓カテーテル検査および治療が加わる。本年より経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)も行われており、低侵襲での大動脈弁置換術が可能な施設となっている。また不整脈に対する治療では、カテーテルアブレーションやペースメーカー植込み、さらには埋込型除細動器(ICD)や両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)の植込み手術も行われている(施設認定に必要な症例数をクリアーしている)。

 CCUでは急性心筋梗塞を初めとする緊急、および重症な心疾患の治療を行っている。体外循環装置や血液浄化療法も常時可能である。収容患者数は年々増加しており、年間200例超の急性心筋梗塞患者を収容している。当直医が救急患者の処置、緊急カテーテル、および入院患者の治療にあたる。地域連携:当大学病院は地域機関病院としての役割も持つ。教室が主体となって、定期的な病診連携懇話会を開催し、近隣の医院、病院の先生方と「顔の見える連携」を目指している。豊明市や近隣の名古屋市、大府市などからの紹介が主だが、知多半島や豊田市、岡崎市など遠隔地からの紹介も多い。

将来の方向性

 本学の卒業生だけでなく国内他大学の卒業生や、さらに世界中からの優秀な頭脳を集め、世界へ向けて情報を発信していくことが大切である。そのためには、彼等を惹きつけるような質の高い研修、研究、および医療レベルを提供しうる講座を目標としている。

講座情報(研究室情報)