グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 講座情報(研究室情報)  > 脳神経内科学

脳神経内科学

Department of Neurology & Neuroscience


研究室スタッフ

教授武藤 多津郎
准教授伊藤 信二植田 晃広
講師島 さゆり水谷 泰彰
助教石川 等真
引地 智加
新美 芳樹
廣田 政古
村手 健一郎
助手長尾 龍之介前田 利樹

基本方針

  • 病気の治療のみでなく、病む人を癒す医療を実践する
  • 基礎研究に基づく臨床と、臨床に立脚した基礎研究の融合を目指す
  • 臨床能力の高いよき神経内科医の育成に努める

ごあいさつ

「最新の研究成果を診察室へ」をスローガンに、最新の医療知識、技術を駆使し、全ての患者様に、常に迅速、安全、確実な医療を提供するべく、スタッフ一丸となって日々研鑽に励んでおります。
当科では、病態、治療法が確立していない、いわゆる「神経難病」である脊髄小脳変性症やアルツハイマー病などの疾患で新規治療法を開発し、これら難病に苦しむ患者さんの治療に新たな治療法の可能性を提供してきております。
さらに、高度先端医療を追及する大学病院としての役割のみならず、地域の中核病院として脳血管障害や神経感染症などの救急医療に携わり、入院症例数が多いこと、その治療成果が極めて良好で当該地域(名古屋東部から広く尾張・三河地区)の最後の砦となっていることが当科の特徴であり、地域の期待に応えつつ、真の臨床的実力を身に着ける研修の場となっています。
また関連諸科、他大学との連携や共同研究、米・仏・伊などの海外研究機関との国際共同研究も積極的に進めており、神経科学分野、特に神経糖鎖生物学研究の国際的研究拠点の一つになっております。

講座情報(研究室情報)