グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 講座情報(研究室情報)  > 腎内科学

腎内科学

Nephrology


研究室スタッフ

教授湯澤 由紀夫長谷川 みどり
准教授稲熊 大城
講師髙橋 和男
小出 滋久
助教平野 恭子
林 宏樹
中西 道政
梅田 亮祐
福井 聡介
寺町 友里
澤井 昭宏(第2病院)
西尾 文利(第2病院)
助手成宮 利幸藤井 麻耶
大学院生多田 将士
小島 昌泰
小林 由典

歴代教授

腎内科は、1983年7月、川島司郎先生(現・名誉教授)の教授就任を機に、消化器内科講座(当時 伊藤円教授)から分離し設立されました。
2000年3月、川島教授が退任後、2000年9月から2010年3月まで杉山敏教授が教室を主宰、
2010年4月 湯澤由紀夫教授が講座主任教授として着任、現在に至ります。

基本理念

「教育・研究・診療を通して社会に貢献できる腎臓内科医師を養成する」ことを基本理念としています。

教育

医学教育では、卒前・卒後教育を充実するとともに教育熱心な専門医師の養成が重要と考えます。
そこで、腎内科では、若手医師養成のための教育ブログラム(藤田ネフロロジーワークショップ)を起ち上げています。これは腎臓専門知識が身に着く独自の教育プログラムです。
わたしたちは次世代を担う腎臓専門医養成に力を注いでいます。

研究

臨床研究および基礎研究の両面における充実を図っています。
わたしたちが行っている臨床研究および基礎研究は、医学系のみならず、工学・農学など様々な分野で活躍されている国内外の共同研究者と連携して研究を進めております。また、診療ガイドラインの作成など、診療に直接に影響するような社会的役割も果たすべく活動に参画しています。

臨床

腎臓内科分野は、内科の基本、膠原病、腎炎、移植、急性血液浄化まで幅広い領域を扱っています。私たちは、これら多彩な分野全てにおけるレベルアップを図っています。
特に水・電解質・酸塩基平衡異常と輸液、腎炎・ネフローゼ、急性腎不全と多臓器不全に対する急性血液浄化、慢性腎不全の管理と透析導入、透析患者の合併症、腎移植について基本的臨床技能の習得を目指しています。
また、先端医療に向けての新たな臨床の確立に取り組んでいます。

講座情報(研究室情報)