グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > information  > 医療科学部医療経営情報学科 竹迫和美教授が「Raquel Cashman Language Access Award」を受賞しました

医療科学部医療経営情報学科 竹迫和美教授が「Raquel Cashman Language Access Award」を受賞しました

医療科学部医療経営情報学科の竹迫和美教授が、2016年4月29~5月1日に米国ボストンのハーバード大学医学大学院にて開催された「2016 IMIA Annual Conference」において、「Raquel Cashman Language Access Award」を受賞しました。受賞にあたっては、竹迫教授の10年にわたる日本とアジア地域における医療通訳発展への尽力と、本学大学院保健学研究科医療経営情報学領域に日本で初めて開設された医療通訳分野の修士課程において教育にあたることが高く評価されたとのことです。
 IMIA(International Medical Interpreters Association)は世界最大の医療通訳の職能団体で、竹迫教授はその日本支部の代表も務めています。
 「Raquel Cashman Language Access Award」は、IMIAの前進であるMMIA(Massachusetts Medical Interpreters Association)の創設者で米国では医療通訳発展の母と呼ばれているRaquel Cashman女史の功績を讃え、IMIAにおいて医療通訳の発展に最も貢献している医療通訳のプロフェッショナルに贈られるものです。