グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > information  > 藤田あんしんネットワークを設立しました

藤田あんしんネットワークを設立しました

藤田保健衛生大学が有する医療安全の知識・経験・ノウハウを、会員制のネットワークを通じて地域の医療施設と共有し、地域全体で医療安全の向上に役立て貢献する「藤田あんしんネットワーク」を3月1日設立しました。
既に会員として50以上の地域医療機関の賛同を得ており、会員数は100前後を予定しています。

藤田あんしんネットワークのポイント

藤田保健衛生大学の医療安全

本学は、国内最大規模1435床の病床数をもつ藤田保健衛生大学病院を有し、年間延べ入院患者数は約46万人、外来患者数は約63万人、手術件数は1万2000件を超えます。
日本一安全な病院を目指し、盤石な医療安全管理体制(病院長直下の組織である医療の質・安全対策部24名や医療安全推進者連絡会95名など)をとっており、さまざまな医療事故(患者さんに影響のない軽微な事故も含む)報告に対応しています。
その経験、ノウハウ、専門家の知識や膨大なデータを地域で共有し活用します。

※医療安全には院内感染の防止を含みます。

医療事故調査制度への対応

 平成27年10月より施行された「医療事故調査制度」の「医療事故調査支援団体」として死亡事故に限らず、会員医療機関からのさまざまな相談、報告、初期調査などに24時間365日対応し、専門医の派遣なども行います。

藤田あんしんネットワークの教育

会員医療機関への研修、eラーニングなど医師以外の医療者の教育にも貢献します。

藤田あんしんネットワーク


記者発表の様子

発足式記念撮影の様子

問い合わせ:藤田あんしんネットワーク事務局
TEL:0562-95-3832
FAX:0562-93-5255