グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > information  > 新規のうつ関連遺伝子を発見!うつ状態の早期発見や治療法の創出に期待

新規のうつ関連遺伝子を発見!うつ状態の早期発見や治療法の創出に期待

精神神経科学の岩田仲生教授の研究グループは、理化学研究所統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長、高橋篤客員研究員らとの共同研究で、うつ状態の遺伝環境相互作用の解析を行いました。
その結果、うつ状態に対し、ストレスを感じるような出来事(ストレスフルライフイベント)とBMP2遺伝子近傍の遺伝子多型の相互作用が有意に関連することを同定しました。 今後さらに活用することで、うつ病の早期発見や治療法の創出につながることが期待されます。

この研究は脳科学研究戦略推進プログラム課題F健康脳(うつ病等に関する研究)の一環として行われたもので、その研究成果は国際科学誌 Journal of Clinical Psychiatryに、掲載されました。