グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > information  > MERS(中東呼吸器症候群)対策の変更に関するお知らせ

MERS(中東呼吸器症候群)対策の変更に関するお知らせ

平成27年7月30日
藤田保健衛生大学
教員、職員、学生の皆さまへ

MERS(中東呼吸器症候群)対策の変更に関するお知らせ

藤田保健衛生大学
学長 星長清隆


 本学では7月1日に、藤田保健衛生大学の全教員、職員、学生に対し、MERS感染対策の一環として、「韓国を含むMERS発生国への渡航制限」を発令しておりました。
 この対策について、MERSアウトブレイクの進捗状況を考慮し、逐次変更することとしておりました。7月28日に韓国政府よりMRESの事実上の終息宣言が出されたことを受け、7月30日より、下記のとおり対策を変更いたします。




  1. 「韓国を含むMERS発生国への渡航制限」を解除する
  2. 帰国後の対応は「有症状の場合」にのみ限定する

注意:MERS発生国からの海外研修生の受け入れについては継続とし、WHOからの終息宣言(8月下旬が濃厚)発令後に基準を変更する
 
 外務省海外安全ホームページにより、現在までの発生状況を分析した結果、市中感染は確認できておらず、感染は院内でのMERS患者との濃厚接触に限られるようであります。さらに、MERS患者は完全に病院内に確保され、23日間新たな患者が発生していない(潜伏期間の最長は14日間)ことを考慮し、市中での感染の可能性はほぼないものと推察いたします。以下ホームページをご参照ください。

外務省海外安全ホームページ「MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その58)」
URL:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C230

【問い合わせ先】
健康管理室(2321) 感染対策室(2269)

以上