グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療科学部  > 学部概要  > 学科・職種紹介

学科・職種紹介


臨床検査学科

病気の予防・診断・治療に欠かすことのできない科学的な根拠を提供するのが臨床検査です。臨床検査には血液などの検体を分析する検体検査と身体に直接機器を装着しておこなう生理機能検査があります。病院などの医療機関では、臨床検査技師として検査室で業務をおこなうだけでなく糖尿病療養指導、術中モニタリング、あるいは胚細胞培養など幅広い分野で活躍しています。卒業後は臨床検査の知識を生かし医療機関はもちろん、医療系企業や大学での研究・教育、科学捜査研究所、行政など多方面への道が開けています。臨床検査学科についてはこちら

看護学科

細分化された現代の医療現場では、より高度な知識や技術を備えたスペシャリストとしての看護師の活躍が期待されています。また、地域の健康増進などに携わる保健師の役割も、少子高齢化といった社会の変化にともない重要度が高まり、さらなる専門性が求められています。本学の看護学科では、さらに大学院へ進学し、より専門性を高めた看護師になるための基礎力も培います。看護学科についてはこちら

放射線学科

診療放射線技師はX線撮影のみならず、CTやMRIといった様々な医用画像検査を担当する医療専門職であり、医師とともに放射線を用いたがん治療にも参画します。メディカルスタッフの一員として医師や他の職種と緊密に連携・協力してチーム医療に貢献できる優れた人格と、医用放射線技術に関する高度な専門性を兼ね備えた「心優しいプロフェッショナル」の育成をめざしています。放射線学科についてはこちら

リハビリテーション 学科

理学療法士は病気や事故などで心身に障がいを負った患者さんを対象に、「立つ、歩く、食べる」などの基本動作や運動能力の回復をめざしマッサージや体操、温熱、スポーツなどの治療を用いてリハビリテーションの指導やアドバイスをおこないます。身体機能を失ったことによりショックを受けている患者さんも多いため、精神的な支えになれるような人間性も必要です。

作業療法士は理学療法士同様、身体や精神に、障がいを持つ患者さんを対象に、食事や着替え、家事といった日常生活の動作や手芸や工作などの作業を通じて身体や精神の機能や高次機能を改善します。
また、患者さんが社会復帰できるよう職業訓練などをおこなうこともあります。リハビリテーション学科についてはこちら

臨床工学科

臨床工学技士は1987年に制定された比較的新しい職種です。人工呼吸器、人工心肺装置、人工透析装置など生命維持管理装置や現代の医療に欠かせない医療機器の操作や保守管理をおこないます。資格取得後も、日々、進化かつ複雑化する医療機器に柔軟に対応できる高いレベルの質と知識を得る努力が欠かせません。臨床工学科についてはこちら

医療経営情報学科

病院では、数多くの医療スタッフがそれぞれの専門の立場で患者さんに医療を提供し、その過程を診療情報として記録しています。診療情報管理士は、そうした診療情報を精査して管理し、それを多目的に活用するための処理や分析をおこないます。医療情報技師は、医療スタッフが診療情報を的確に収集・処理・伝送できるような医療に適した情報通信システムの構築や運用管理をおこないます。いずれも、病院の経営管理に深く関わる高いマネジメント能力を持ち合わせたプロフェッショナルとして期待されています。

医療経営情報学科についてこちら