グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療科学部  > Close up!研究室  > リハビリテーション学科 理学療法専攻【理学療法治療学 研究室】

リハビリテーション学科 理学療法専攻【理学療法治療学 研究室】

寺西 利生

職名      教授

専攻・専門分野 理学療法専攻・理学療法治療学

主な担当科目  理学療法治療学1‐中枢1、理学療法治療学3‐中枢3、運動学1
        運動学2、客観的臨床能力演習、基礎見学実習、臨床実習
        臨床研究、アセンブリ1、アセンブリ2

※詳細はこちらから

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究室の活動内容>

平野/
片足立ちをしている時に浮かしている足の位置を変えることが、バランス保持にどう影響を与えるかを研究しています。筋活動や重心動揺の変化を調べることで、人の動作や姿勢を多角的な視点で捉えることができるようになりました。
寺西/
研究室が扱うテーマは、平野さんの姿勢バランスのほかに、効果的な理学療法プログラムの構造解析、
転倒予防、動作解析などがあります。
いずれも、臨床に役立つ研究を重視している点が特徴です。

<藤田で学ぶメリットとは>

寺西/
藤田の大学病院は、リバビリテーションの水準が高いことで知られています。
この病院と一体となって、大学は学生を育てているわけです。
新設した病棟では、リハビリロボットを使った実習も経験できます。
平野/
臨床実習が豊富な点は、藤田を選んだ理由の一つです。
臨床実習で感じた疑問を、最先端の環境で研究を通して解決していけるという点は、学生にとっても魅力です。

<今後の目標>

平野/
まずは理学療法士としてコミュニケーションを大切にし、
患者さんの考えと自分の考えを一致させたリハビリを提供していきたいと考えています。
そのためにも、先進的なリハビリに継続的に触れ、専門的な知識を増やしていきたいですね。
寺西/
アジア全体を見据えて、藤田のリハビリテーションを広めていきたいと思っています。
私たち指導者も学生も、グローバル社会の一員として成長し続けることが大切。
さまざまな卒後教育の場を準備するので、平野さんもぜひ参加し、勉強を続けてください。

厳しさも楽しさもいっぱいの研究室

実習で初めてリハビリ室を見学した時、リハビリに取り組む患者さんの笑顔に感銘を受けました。患者さんと信頼関係を築くために、何もかもが勉強です。


リハビリテーション学科 理学療法専攻 4年 平野 真未 (静岡県 富士高校卒)