グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療科学部  > Close up!研究室  > 医療経営情報学科【経営組織論 研究室】

医療経営情報学科【経営組織論 研究室】

米本 倉基(よねもと くらもと)

職名      教授

専攻・専門分野 医療経営学、医療組織、人事管理論

主な担当科目  経営組織論、社会保障論、医療経営論
        人的資源管理論Ⅰ、経営戦略論、プロジェクト管理論
        医療組織管理論、地域医療福祉連携論
        介護保険制度概論、介護報酬請求論

※詳細はこちらから

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究室の活動内容>

米本/
健康保険料の上手な利用は、日本の病院の大きな課題です。
そこで私の研究室では、病院で支払う医療費の仕組みや病院のマネジメントについて研究しています。
平松/
医療チーム、コーチングなど、先輩方はさまざまなテーマで卒業研究に取り組んでいるんですね。
4年次の研究室選びの参考になりました。

<診療情報管理士の役割>

米本/
医療は人によるサービス。優れたマネジメント手法がスタッフのモチベーションをアップさせ、
限られた保険料の上手な利用につながります。その中で、診療情報管理士の役割は重要ですよ。
医療従事者の間を結ぶコーディネーターとして、マネジメント能力を発揮しなければなりません。
平松/
確かにそうですね。医療費や保険のことなど、医師や看護師に話せるのは診療情報管理士だけ。
提案する役割を担っているのだと思います。

<今後の目標>

平松/
人と関わるのが好きですし、経営や保険、社会福祉と幅広く学んできました。
それらを活かして多くの人とコミュニケーションを取り、病院を支えていきたいです。
米本/
今、医療英語を学んでいるように病院のグローバル化が進む中、マネジメントスタッフは海外の病院でも活躍できます。ぜひ世界を舞台に、大きな夢を持ってください。

知識だけでなく、コミュニケーションのスキルも身につきます

授業内容が充実し、診療情報管理士の合格率は100%。
他学科とのアセンブリ教育やクラブ・サークル活動も
チーム医療に役立つと思います。

医療経営情報学科 3年 平松 佑梨 (愛知県 小坂井高校卒)