グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療科学部  > Close up!研究室  > 臨床工学科【呼吸器機能代行技術学 研究室】

臨床工学科【呼吸器機能代行技術学 研究室】

伊藤 康宏

職名      教授

専攻・専門分野 生理学

主な担当科目  呼吸機能代行技術学、呼吸機能代行技術学実習

※詳細はこちらから

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※研究室の活動内容

柴田/
先生の研究室に入ったのは、宇宙にいるときの人体の変化に興味を持ったのが理由です。
模擬微小重力状態という無重力に近い状態が、人体にどんな影響を及ぼすのか調べてみたいと思いました。
伊藤/
研究室では呼吸機能が血管内皮機能に及ぼす影響を調べていますが、模擬微小重力状態をつくり、
人工呼吸器をつけて圧をかけると、血管内皮機能が改善するんですね。
こうした研究は、宇宙医学にも役立つものと考えています。

※研究活動で得たもの

伊藤/
学生には研究活動を通じて、手を抜かない姿勢、観察力、解析力を身につけてほしいと思っています。
柴田さんは自発的に実験を進め、学会発表もするなど、すばらしい成長を遂げましたね。
柴田/
ありがとうございます。研究が楽しく、実験の進め方も自分で考えて提案できるまでになりました。
測定結果を次につなげるために、解析力も養えたと感じています。

※今後の目標

柴田/
入学時より人工心肺装置に興味があり、循環器専門の病院に就職します。
今後も勉強を怠らず、さまざまな認定士資格を取り、誰からも信頼される存在になりたいです。
伊藤/
やる気の延長線上に未来は待っています。努力を続けて、優秀な臨床工学技士になってください。
必ず活躍してくれるものと期待しています。

国家試験合格率も就職率もここなら安心です

臨床工学科の場合、臨床工学技士の国家試験合格率が
全国平均を大きく上回っています。
当然、就職率も高いので安心ですよ。


臨床工学科 4年 柴田 莉沙 (愛知県 西春高校卒)