グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 研究施設・関連施設  > 教育病院  > 長寿包括ケアクリニック

長寿包括ケアクリニック

超高齢社会を迎える日本では医療構造の変化と後期高齢者数の増加により、人類がこれまでに経験したことのない多死時代、多認知症時代を迎えます。また、それに伴い在宅医療・介護の重要性が高まっています。そのような中、大学病院の附属診療所として日本で初めて、臨床・教育・研究が一体となって行う在宅診療所「藤田保健衛生大学長寿包括ケアクリニック」を開設しました。

【クリニックの役割】
●臨床の場として
ご自宅・施設で療養されている方々に対して療養計画に基づき、常駐専門医、看護スタッフが24時間、365日訪問医療サービスを行います。
●教育の場として
訪問医療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問介護の体系的な教育、多色種連携の教育、高齢者施設運営管理の教育といった先進的在宅医療教育を行います。
●研究の場として
アクションリサーチをベースに、大学病院と地域の医療機関、介護事業者の連携ツール等の開発・研究、超高齢社会における多色種連携の仕組み作りの研究を行います。

クリニック概要

所長岩尾 聡士
診療科目内科、訪問診療
診療時間月~金 8:45~17:00
土   8:45~12:30
(土曜午後、日曜は休診)
所在地〒466‐0826 愛知県名古屋市昭和区滝川町31-48-1
連絡先電話 052-838-5081
FAX 052-838-5082

藤田保健衛生大学 長寿包括ケアクリニック