グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 活躍する先輩紹介  > 村上 明王さん 理学療法士(2014年卒業)

村上 明王さん 理学療法士(2014年卒業)

急性期、亜急性期から退院までを見守る地域密着型の大学病院で、理学療法士として患者さんの身体機能、動作能力の向上を図り、歩行を中心としたADL動作の再獲得に向けてリハビリをおこなっています。急性期という、状態が変化しやすい時期から患者さんのリハビリに介入ができるため、患者さんの機能の回復に携われることにやりがいを感じています。今後も、生涯学習として知識、技術の幅、深さを向上していくとともに、学会での研究発表・症例報告もおこない、さまざまな知見を身につけていきたいと思っています。