グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 在学生メッセージ

在学生メッセージ

このページの目次


理学療法専攻

「入学して本当に良かった」と実感しています

1年次後期からは実習が増えてきました。特に物理療法学実習や検査・測定論実習では、専門的な機械や実際の手技について学ぶことができ、とても印象に残っています。毎日の勉強は大変ですが、丁寧に教えてくださる先生方や、協力しながら学びあえる仲間と出会え、「入学して本当に良かった」と実感しています。今後は、手技に関してまだ不十分なので、練習を重ねて力をつけていきたいです。

理学療法専攻 3年 新海 友実子(愛知県 桜台高校卒業)

実習は、本番のつもりで取り組む

股関節の手術を受けた母が、理学療法士のリハビリを受け、立ち上がることもできない状態から歩ける状態にまで回復したことに衝撃を受けました。まだ学びの途中ですが、実習の授業では、本当の患者さんをサポートしていると考えながら、確かな技術を身につけられるように頑張っています。

理学療法専攻 3年 堀 瑞季(愛知県 長久手高校卒)

作業療法専攻

解剖学実習は本当に貴重な経験になりました

特に興味をもって取り組んだ授業は、2年次の解剖学実習です。医学の発展を願われて献体された方々のご遺体を解剖させていただくという本当に貴重な経験をさせていただき感謝しています。また実際の臨床を想定したOSCEでは、学生同士で実践することで、とても充実した学びになりました。3年次には長期の臨床実習が始まります。そのためにも基本的な知識や手技をしっかりと修得したいです。

作業療法専攻 3年 濱地 善大(愛知県 丹羽高校卒業)

OSCEの学びが、実習で生きてくる

実習の授業が増え、最初に気付いたのが、OSCEの学びがすべて実習に生かせるということでした。特にレベル1のコミュニケーションや介助技術は、患者さんと接する時に必ず必要となるため、実習のたびにやっていて良かったと感じました。今後は、OSCEでわかった不足点を中心に勉強したいと思います。

作業療法専攻 3年 和田 久瑠実(愛知県 高蔵寺高校卒業)