グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 大学院  > 作業療法科学分野

作業療法科学分野

このページの目次


担当教員

代表者鈴木 孝治 (問い合わせ先 takajis@fujita-hu.ac.jp )
担当教員鈴木 孝治,鈴木 めぐみ,杉山 智久,澤 俊二

概要

作業療法科学は,作業療法で用いられる人間の活動,動作,作業に焦点をあて,一貫性のある知識を見出し提供することを目指す,新しい学問領域である.作業療法は,医療の中で最も“Art and Science”の言葉にふさわしい学問である.Art の部分は,医療という現場の中ではあまり重要視されないが,医療から福祉への橋渡しの部分,例えば地域社会の中では,非常に重要となってきている.また,急性期の医療から回復期の医療では,Science の部分が重要なウェイトを占めている.これらの作業療法を科学することが,今後の作業療法の発展につながり,しいては人の生活全般を豊かにするものである.研究では,心理面や身体面における種々の実験手段を使って,作業療法を科学することを目指す.また,Art の部分である障害者の生活活動の変容を,質と量と社会システムで分析し,QOL の視座に立って,その人に適した生活の変容をどのような手段で再獲得していくのかを考えていく.

研究テーマ

担当教員研究テーマ
鈴木 孝治
  1. 認知神経心理学的手法を用いた注意機能に関する研究
  2. 記憶障害に対する代償的手段を用いた生活再建に関する研究
  3. 高次脳機能障害者の家族支援に関する研究
鈴木 めぐみ
  1. 頭部外傷者の主観的・客観的QOLに関する研究
  2. 視覚認知障害の評価・訓練に関する研究
  3. 高次脳機能障害者の社会参加に関する研究

パーソナルコンピューターを用いた注意機能の検査

近赤外線スペクトロスコピィによる
手指模倣運動中の脳の酸素飽和度の計測