グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > リハビリテーション学科  > 大学院  >  摂食・嚥下治療学分野

摂食・嚥下治療学分野

このページの目次


担当教員

代表者稲本 陽子 (問い合わせ先 inamoto@fujita-hu.ac.jp )
担当教員稲本 陽子,小野木 啓子,太田 喜久夫

概要

摂食・嚥下治療学分野で取り扱う研究テーマは,解剖・生理から評価方法,訓練手技,帰結評価など多岐にわたり,すべて臨床に直結する医学的あるいは社会的に必要度の高いものを選択する.まず特論を通して,摂食・嚥下に関わる解剖,生理,栄養学,摂食・嚥下障害の病態生理学,評価,そして治療について理解する.その後,嚥下訓練について,諸器官の運動可動域,筋力増強,協調性を改善させる間接訓練,姿勢や食形態にて難易度を調整しながら実施する直接訓練,嚥下手技意義と効果について理解する.さらにこれらの訓練法について運動学的意味の検討,最新のEvidence-based Medicine (EBM) からの再検討,演習をとおして理解を深め,臨床での実施方法(量,頻度,フィードバック)や効果について検討する.

研究テーマ

担当教員研究テーマ
稲本 陽子
  1. 嚥下手技の運動学的検討
  2. 舌筋力増強による嚥下動態変化の検討
  3. 感覚刺激が嚥下に与える影響の検討
小野木 啓子
  1. 口腔期の評価方法の開発
  2. 嚥下障害患者の帰結
  3. 食形態が嚥下動態に与える影響の研究

四次元嚥下動態の画像化

320列ADCT装置による摂食嚥下評価