グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




COSPIRE

COSPIREは私たちのめざす「一流の療法士を教育する」ためのシステムです。

COSPIREとは、「the Clinical-Oriented System for Progression & Innovation of Rehabilitation Education」の頭文字をとった略称で、臨床を指向し発展と革新をめざした療法士教育システムです。
また、「共に成長しよう!(co:共に、spire:芽を出す)」という気持ちが込められています。


COSPIREの基本的な考え方

COSPIREは臨床・教育・研究の統合システムで、患者さんを中心に

  1. 教員が、臨床の現場で実際に患者さんを治療する。
  2. 病院療法士は、一人の患者さんを教員と連携して担当する(複数担当制)。
  3. 病院で実習する学生を、臨床の現場で病院療法士と教員が連携して指導し、サポートする。

の3つでシステムが成り立っています。さらに、病院療法士と教員が共同して数多くの研究プロジェクトを進めており、臨床のみならず研究活動も盛んに行っています。