グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 先輩看護師の紹介  > 酒井博崇さん(2005年卒業)

酒井博崇さん(2005年卒業)

卒業後、藤田保健衛生大学病院で勤務し、2012年には大学院に進学。2年間で特定看護師の資格を取得しました。現在、中央診療部FNP(Fujita Nurse Practitioner)室で、各診療科をローテートしながら医師の指示のもとで仕事を進めています。外科では手術助手、回診補助、麻酔科では麻酔の補助、ERでは救急車や救急外来の対応を担当しています。また内科、ICUでは医師に指導してもらいながら病態把握や治療に携わっています。病態把握のために、超音波検査の実施や一般検査、放射線の代行指示もおこなっています。さらに医師の直接的指示で挿管、縫合なども任されています。大学院での授業は現在の業務に直結している内容ばかりでしたので、すべてが役立っています。今後は特定看護師として学んだことを活かして、教育にも積極的に携わっていけたらと考えています。