グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 先輩看護師の紹介  > 山村 真巳さん(2000年卒業)

山村 真巳さん(2000年卒業)

学生時代はいろいろなことに挑戦を
人間性の幅を広げてくれます


山村 真巳さん
藤田保健衛生大学病院
公衆衛生看護科 勤務
2000年卒業
私は2007年に認定看護師(皮膚・排泄ケア)の資格を取得し、さまざまな病気で人工肛門・人工膀胱を造設された患者さんを対象に、安心して生活できるよう、より専門的な立場からアドバイスをおこなっています。日ごろ心がけているのは、患者さん一人ひとりに合わせたケア方法を患者さんとともに考え、自己管理できるように関わることです。また、非常にデリケートな問題のため、患者さんのメンタルケアも求められる重要な仕事です。常に信頼される看護師でありたいと思っています。

私が大学時代に強く感じたことは、勉強以外になにか打ち込めるものを持つということ。熱心に取り組むことで気分転換を図る効果がありますし、なにより、上手に両立することで気持ちに余裕が生まれます。学生のときにこのように取り組んだことが仕事にも活かされていると実感します。人間性の幅も広げられますので、皆さんにはぜひ多くのことにチャレンジしてほしいと思います。

※認定看護師…
実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)があり、認定看護分野に応じた教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了した上で、筆記試験に合格すると授与される。