グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 先輩看護師の紹介  > 谷田真一さん(2007年卒業)

谷田真一さん(2007年卒業)


患者さんの異常をいかに迅速に発見できるか

卒業後2年間は心臓血管外科・呼吸器外科の病棟に勤務し、その後超急性期の患者さんにも関わりたいと思いICUに異動しました。さらにタイムリーな治療介入を目指し、大学院に進学し特定行為の研修を受けました。現在は診療看護師として心臓血管外科で勤務しています。
現在は、病棟・手術室・ICUと患者さんがいる場所に関わらず、入院から退院まで横断的に患者さんと関わっています。術前検査・手術準備・不安の軽減・手術助手・術後の循環呼吸管理・創傷管理・内服コントロール・在宅への支援など、それぞれの時期に合わせた治療・看護を提供しています。
新たな知識や技術を習得することは、自分自身にとって成長になりますし、臨床の現場で生かせると学習意欲も高まります。看護職は、確かに大変なこともたくさんありますが、それが大きなやりがいにもつながります。看護職を目指そうと思った気持ちを持ち続けて、目標に向かってがんばってください。

さらに一歩踏み込んだ看護・医療をめざしたい

今後は大学院で得た知識・技術を活かして患者さんに対してさらに一歩踏み込んだ看護・医療をおこないたいです。新たな知識や技術を習得することは、自分自身にとって成長になりますし、臨床の現場で活かせる機会もとても多いと思います。
看護職は、確かに大変なこともたくさんありますが、それが大きなやりがいにもつながります。看護職をめざそうと思った気持ちをもち続けて、目標に向かってがんばってください。

※1特定看護師…
米国のNP・PAをモデルとした、医師が主にしてきた特定行為を手順に従い、自身の判断でできる認証制度。
※2認定看護師…
実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)があり、認定看護分野に応じた教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了した上で、筆記試験に合格すると授与される。