グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 在学生メッセージ

在学生メッセージ

2016年取材


授業や実習の積み重ねの中に発見や成長がある

1年次の演習で看護師役と患者役の両方を経験し、患者さんの不安や苦痛を実感。以来、相手の立場で考えることを心がけています。3年次には多様な領域で実習を経験し、ご家族のケアの大切さも学びました。患者さんとそのご家族に安心感を与え、信頼される看護師になるために、日々の積み重ねを大切にしていきたいです。

看護学科 3年 髙橋 里美(愛知県 岡崎北高校卒)
2015年取材

自分から積極的に勉強に取り組めるようになりました

本学は大学病院が隣接しているので、充実した環境で勉強できると思ったことと、看護師国家試験の合格率の高さから入学を決意しました。1年次の基本看護技術Ⅰ・Ⅱでは、看護師に必要な基本技術を数多く身につけました。特に、学生同士で看護師役と患者さん役になり、注射や点滴などのロールプレイングをおこなったことはとても勉強になりました。入学前の勉強は受け身的でしたが、今では自分から疑問をもちながら積極的に取り組めるようになったと思います。これからも患者さんの気持ちに寄り添える看護師をめざして勉強していきたいです。

看護学科 2年 神谷 美和(愛知県 安城東高校卒)

実習を通して学べることや実感できることがたくさんありました

2年次からは専門科目が増え、覚えることも多く大変でしたが、どの授業も興味の湧く内容ばかりでした。1年次には見学が主体だった実習も、2年次からは患者さんを受けもたせていただく機会もあり、実際の看護を通して学べることや実感できることがたくさんありました。実習中は患者さんを前にすると戸惑ってしまったり、うまく話せなかったり、自分の知識不足や技術不足を痛感しました。3年次になると実習の機会も多くなってきますので、頑張っていきたいです。本学は勉強が厳しく忙しい毎日ですが、その分、充実した学びができると思います。

看護学科 3年 井原 颯(長野県 飯田風越高校卒)

今後も一つ一つの実習を大切により成長してきたい

3年次の後期から本格的に実習が始まりました。急性期の成人看護学実習では実際に一人の患者さんを受けもち、手術の前後でさまざまな介入をさせていただきました。日々、自分の力不足をひしひしと感じましたが、患者さんから「ありがとう」のひと言をもらうだけで自分の中に込み上げてくるものがありました。また、実習を通して格段にコミュニケーションの技術が高まったと実感しています。そして、何より学ぶことに対して正面から向きあえるようになったと思います。今後も一つひとつの実習を大切にして、より成長してきたいです。

看護学科 4年 鈴木 美駒(長野県 松本県ヶ丘高校卒)

2014年に取材した看護学科在学生の声をご紹介します。