グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 看護学科  > 4年間の学び  > 4年次ピックアップカリキュラム

4年次ピックアップカリキュラム

卒業研究

1〜3年生で培った看護学に関する知識、技術を基盤にして、看護に対する姿勢をさらに創造的に発展させるために卒業研究に取り組います。これは4年間の集大成ともいえます。

3年次におこなわれる「看護研究」の講義科目で学習した研究的思考を基に、倫理的配慮をもって研究に取り組み、結果を論文にまとめて発表します。この卒業論文作成は教員の研究業績のためのものではなく、自分が4年間の集大成として何をしたいのか、明確な意思を打ち出していただきたいです。

看護研究は、基礎・統合看護学、成人看護学、老年看護学、精神・公衆衛生看護学、母性・小児看護学、在宅看護学、教育学・統合生命科学の各研究分野を各自の研究テーマに応じて選択し、担当教員の指導のもとにおこなわれます。

統合実習

全ての臨地実習のまとめに位置づけられる実習です。看護師とパートナーを組んで複数の患者を受け持ち、これまでの実習を通して獲得した看護実践能力を向上させるとともに、看護チームの一員として自らの役割と機能を発揮する能力を養います。また、看護管理の視点から専門分野における看護活動や安全管理の実際を学習します。この実習を通して、看護の専門性について理解し、看護専門職としての今後のあり方についての考えを深めていきます。