グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療経営情報学科  > 活躍する先輩紹介  > 加藤 愛美さん(2013年卒業)

加藤 愛美さん(2013年卒業)

仕事の効率を上げるために
もっと知識を深めていきたい


名古屋大学医学部附属病院 勤務
加藤 愛美さん
2013年卒業
診療情報管理士として、DPC/PDPS(医療費の包括請求制度)症例点検業務、カルテ開示、ほかにも疾病統計を出すための病歴管理システムの入力なども担当しています。
カルテを読むとき、大学時代に学んだ医学英語の知識はとても大切だったんだと痛感。「学生のときにもっと勉強しておけば良かった」と思うこともよくあります。
また全診療科のカルテを読む必要があるので、幅広い分野の知識が求められます。そのため、大学時代に身につけた臨床医学の知識が役立っています。就職してから、診療情報管理士、医療情報技師に関する勉強会、研究会にいくつも参加しました。新たな知識を入手できますし、同じ職種の人と知り合えることで情報交換もできますので、学会には積極的に参加するように心がけています。
今後は仕事の効率を上げるためにも、もっと医学的な知識を深めていきたいです。