グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療経営情報学科  > 在学生メッセージ

在学生メッセージ

2016年取材


病院経営を支えることで人を助けたい

人を助けるためには病院経営がとても重要。その部分を専門的に支える仕事に興味を持ち、本学科に進みました。2年次からはITパスポートなど、次々に資格取得に挑戦。
グループ実習などを通じて、リーダーシップも養っています。将来は病院に必要とされる人材になるのはもちろん、自ら組織を動かしていく人間になりたいです。

医療経営情報学科 2年 田口 喜貴(愛知県 春日井東高校卒)
2015年取材

知識の習得はもちろん 人間的にも豊かになりたい

社会に貢献できる医療関係の仕事に就きたいと思い、医療系の大学を調べていくなかで、高い就職率や資格取得率、さらに充実した教育環境に惹かれて本学科に入学しました。経済や経営、医学に関する授業は初めて学ぶ内容ばかりで覚えることも多く苦労しましたが、それと同時に興味深く取り組めました。また早期臨地体験実習では、病院の仕組みや実際の医療事務の仕事について知ることができ、後におこなったグループ発表とともに、貴重な体験になりました。今後は知識を身につけることはもちろん、人間的にもより豊かになりたいと思っています。

医療経営情報学科 2年 鷲田 茂則(福井県 羽水高校卒業)

時間を効率的に使って充実した学生生活を送りたい

本学科は基礎科目から医療・情報・経営系の専門科目まで、幅広い分野の授業があります。なかでも診療報酬請求論は、興味深くもあり大変でもありました。1年次では診療報酬請求業務の基本を学び、2年次からは本格的にレセプト(診療報酬明細書)を書き始め、次第に専門的な内容も増えてきました。難しい点や疑問点もたくさんありましたが、授業後に先生に質問したり、クラスの得意な人に聞いたりして理解を深めることができました。今後、勉強はもちろんクラブ活動やアルバイトなどの時間も作るよう努力して、充実した大学生活にしていきたいです。

医療経営情報学科 3年 藤澤 泉美(長野県 松本蟻ヶ崎高校卒業)

学外実習を通して自分の将来像が明確になりました

3年次におこなわれた初めての学外実習では、地元の病院で診療情報管理士の業務を実際に見て、体験することができました。医療の現場でいろいろと教えていただいたことで、自分の将来像も明確になりました。また医師が書いたカルテを読ませていただく機会もあり、病理学や生理学、解剖学など臨床系の科目の大切さを改めて実感できました。1年次に日商PC検定、2年次にITパスポートやメディカルクラーク、3年次に診療情報管理士など、学年ごとにさまざまな資格を取得できました。今後は医療情報技師の資格取得にもチャレンジしたいです。

医療経営情報学科 4年 髙橋 円香(愛知県 小牧南高校卒業)

2014年に取材した、医療経営情報学科在学生の声をご紹介します。