グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2014年取材

文系出身でも、丁寧に教えてくださるので心配ありません

人と関わる仕事に就きたかったことと、医療に興味があったことから入学を決めました。特に診療情報管理士の合格率が100%だったことも大きな決め手になりました。本学科では1年次から医療、経営、情報の基礎を身につけられるよう、専門分野の講義も始まります。また基礎科目として数学や化学、生物など理系の講義もあります。私は文系出身なので入学前は不安でしたが、先生方が丁寧に教えてくださったので心配ありませんでした。早期臨地体験で初めて白衣の袖に手を通し、髪を束ねたときはとても嬉しかったです。現場を体験したことで、医療人としての自覚が芽生え始めました。

医療経営情報学科 2年 平松 佑梨(愛知県 小坂井高校卒)

資格を取得するだけでなく知識をしっかりと身につけたい

2年次はパソコンの組み立てなど情報系の科目をはじめ、徐々に専門性が高くなってきました。また病院実習を通して、病院の仕組みを理解する機会に恵まれ、それぞれの講義の重要性も改めて実感できました。3年次には医療情報技師、診療情報管理士の資格に挑戦したいです。そして単に取得するだけでなく、実際に現場で活用できるよう、自分の中にしっかりと知識を蓄えていきたいです。診療情報管理士など医療事務に関する仕事は一般的には地味なイメージですが、今後の病院経営を担っていく重要な柱の一つです。これからの医療を支えるプロフェッショナルとして一緒に頑張りましょう。

医療経営情報学科 3年 木村 正樹(愛知県 津島東高校卒)

意欲ある人にとって学ぶ環境はとても恵まれています

3年次に外科疾患学や脳神経外科疾患学など、臨床系の講義を受けました。初めて聞く身体の器官の働きやホルモン、さらにそれらに関与する疾患が数多くあり、勉強がとても大変でした。1・2年次の生理学や病理学などの講義で基本は学びましたが、きちんと理解はできていなくて復習の大切さを痛感しました。本学科には医学、経営、情報、社会保険系のスペシャリストの先生方がいて、自分が納得するまで教えてもらえるなど、学ぶ環境はとても恵まれていると思います。今後は診療情報管理士をはじめ多くの資格を取得し、就職先の病院にとって、かけがえのない存在になりたいです。

医療経営情報学科 4年 宮坂 真輝(長野県 岡谷南高校卒)