グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療経営情報学科  > 学科の特色

学科の特色

情報の管理から病院運営までを支える
高度な能力を養成

医師、看護師をはじめとした医療従事者は、カルテに記載された情報を共有し、常に確認しながら診療をおこないます。本学科では、カルテの管理・分析から病院運営までをサポートする医療事務職のプロフェッショナルを養成しています。現在、電子カルテの普及や診療実績の公表義務化にともない、診療情報管理士や医療情報技師への関心とニーズはますます高まっています。


学科のポイント

最先端の医療機器・システムを間近で体験できます

本学科と同じキャンパスにある大学病院で、最先端の医療機器、電子カルテシステムを間近に体験できます。1年次には早期臨地体験実習、2年次には診療報酬請求論実習(病院見学実習)、3年次には診療情報管理実習、4年次には臨地実習をおこない、常に実際の医療現場で体験的に学べるようにしています。

詳細はこちらをご覧ください >>

在学中に多くの資格を取得できます

診療情報管理士、医療情報技師をはじめ、診療報酬請求事務能力認定試験やITパスポート試験など多くの資格を在学中に取得できます。資格の取得支援は、1年次~4年次のカリキュラムに組み込まれています。少人数制のチュートリアル教育やe-ラーニングによる自主学習支援、理解度を確認するための模擬試験の実施など、資格取得を全面的にバックアップしています。

詳細はこちらをご覧ください >>

学科長メッセージ・教育目標・各種ポリシーなどをご覧いただけます。