グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療経営情報学科  > 資格・就職・進学  > 取得できる資格

取得できる資格

診療情報管理士

本学履修との関係大学において認定試験に関する課程を修めた者に受験資格が認められ、試験に合格した者。
職務内容カルテをはじめとする各種診療記録の内容を総合的に点検・整備し、その中から臨床指標や疾病分類等、必要な分析をおこなう。さらに、有用な情報を適切に還元することにより、良質な医療提供と安定した病院運営に貢献する。

社会福祉主事

本学履修との関係大学において資格に関する課程を修めた者は、卒業時に資格が認定される。(任用資格)
職務内容生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法に定める援護、育成又は更生の措置に関する事務をおこなう。ただし、当該地方公共団体の社会福祉主事に任用されてはじめて名乗ることができる資格。

任用資格 : 官公庁や事業所で勤務する場合、特定の業務につくために必要な資格であり、無試験で得られる資格をいう。

重要取得目標資格

診療報酬請求事務能力
((財)日本医療保険事務協会認定)
厚生労働省が認可した(財)日本医療保険事務協会が実施する能力認定試験(合格者は、診療報酬請求事務についての専門性が担保される)。診療報酬明細書(レセプト)の作成を中心とする業務で、医療機関の業務の中でも経営に直結する最も重要なものの一つである。適正かつ的確なレセプトを迅速に作成して診療報酬を請求する。また、包括評価(DPC)対象病院では、診療情報管理士と連携してDPC に対応し、経営に役立つ情報を提供することも求められる。
医療情報技師
(日本医療情報学会認定)
病院情報システムの開発、管理、維持の業務をおこなう。特に、医療情報を安全かつ有効に活用し、提供できる環境を整える。病院情報システムおよび医療情報の信頼性を高めるとともに、他の医療従事者に対する教育・指導をおこなう。

取得目標資格

医療事務技能審査
(日本医療教育財団認定)
医療事務業務に従事する者の知識技能の程度を審査し、医療事務職の職業能力の向上と、社会的経済的地位の向上に資することを目的とした資格。合格者には「メディカルクラーク」の称号が付与される。1級医療事務技能審査試験と2級医療事務技能審査試験の2種類があり、実技(診療報酬請求・その他)と学科(医療事務一般知識)の試験がある。
医療秘書技能検定
(医療秘書教育全国協議会認定)
医療秘書の知識と技能に評価基準を与えた医療秘書技能検定。審査基準には1級、準1級、2級、3級がある。
医事コンピュータ技能検定
(医療秘書教育全国協議会認定)
医療事務と医事コンピュータの知識およびオペレーション技能に一定の評価基準を与えた医事コンピュータ技能検定。審査基準には準1級、2級、3級がある。
介護事務管理士技能認定試験
(技能認定振興協会認定)
介護保険制度の仕組みを理解し、正確に介護報酬を算定し、請求できる事務スタッフ は、介護サービス提供機関にとって欠かせない存在である。介護事務管理士の資格は、介護報酬の算定に関する知識とスキルを証明する資格試験である。
医療情報基礎知識検定試験
(日本医療情報学会認定)
医療情報を正しく適切に取扱うために必要な基礎的な知識が、学会が推奨する水準に到達しているかどうかを検定する。
基本情報技術者
(経済産業省認定国家資格)
コンピュータシステムの開発・運用などの業務に従事、情報技術者全般に関する基本的知識を活用し、システム開発のプロジェクトの一員として貢献する。
IT パスポート
(経済産業省認定国家資格)
パソコンやネットワークなど情報技術の基礎知識を持ち、企業における業務システムを活用して担当業務を遂行できる。また、システムの開発や運用に関する知識を持ち、プロジェクトに貢献できる。
日商PC 検定(文書作成・データ活用)
(日本商工会議所主催)
Basic、3級、2級、1級の4レベル
情報機器およびネットワークを活用し、効率的・効果的に業務を遂行できるか問う。(文書作成)ワープロソフトを活用し、正しいビジネス文書の作成・取り扱いができる。(データ活用)表計算ソフトを活用し、業務データの処理をおこない、的確なデータ分析や効果的な資料の作成ができる。