グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療経営情報学科  > 診療情報管理士・医療情報技師とは?

診療情報管理士・医療情報技師とは?

診療情報管理士

病院では、数多くの医療スタッフがそれぞれの専門の立場で患者さんに医療を提供しており、その過程はすべて診療情報として記録されています。
診療情報管理士は、そのような診療情報を精査して管理し、それを多目的に活用するための情報処理や分析をおこないます。このため、診療情報管理士には情報管理の知識と技能はもちろん、記録された診療情報について医師と議論できるくらいの「医学・医療」の知識が求められます。

医療情報技師

医療スタッフが診療情報を的確に収集・処理・伝送できるようにするため、多くの病院で医療に適したコンピュータネットワークシステム(電子カルテなど)が導入されています。医療情報技師はこのような「医療情報システム」を病院の事情に合わせて構築したり、24時間365日不具合なく稼働させるための運用管理、データベースに蓄積された大量の診療情報の分析処理などを担当します。このように医療情報技師には高度な情報通信技術の知識と技能が求められます。
今、入院医療の効率化やがん登録などを円滑におこなうため、患者さんの診療情報を的確に管理し、把握することのニーズが高まっています。これに対応できる人材として、診療情報管理士、医療情報技師への期待が高まっています。