グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 活躍する先輩紹介  > 米山 万里子さん(2012年卒業)

米山 万里子さん(2012年卒業)

エコー検査を中心に仕事をしています

現在、生理検査室に配属され、エコーや心電図、肺機能、脳波、ABI(足関節上腕血圧比)などを担当しています。主にエコー検査をすることが多く、心臓、腹部、甲状腺、頸動脈、乳腺、血管エコーと幅広くおこなっています。また甲状腺の穿刺時の補助や、心臓血管外科での手術の際に経食道エコー(食道から心臓の状態を観察する検査)のサポートをすることもあります。日々の業務は緊張感を伴い、まだまだ知識も経験も不足していると痛感します。しかし患者さんから「ありがとう」「あなたの笑顔のおかげで元気が出たよ」などといった感謝の言葉をいただくと嬉しいですし、もっと頑張らなくてはと思います。
大学の4年間で探求心が高まりました

大学時代は臨床検査技師になるための基本的な知識や技術を修得しましたが、実際の現場ではさらに多くのことが求められます。大学時代に学んだことをベースとして、働いてからも、常に最新の専門知識や技術を習得していかなければなりません。大学4年間で「勉強する姿勢」をしっかりと身につけ、わからないことや興味のあることに対する探求心を鍛えたことは現在とても役立っています。また病院実習のときに学んだ、患者さんに対する接遇や、医師など医療スタッフとのコミュニケーションのとり方は、今でもとても活かされていると実感します。

取り組んでみたいことはたくさんあります

特に循環器系に興味がありますので、心電図、心臓エコーなどを中心に資格取得を視野に入れ専門性を高めていきたいです。昨年は認定心電図技師の資格を取得しました。また超音波検査士の認定資格取得をめざして、日々エコー検査をおこないつつ、超音波関係の学会や勉強会に参加して知識を深めるように努めています。今後はさらに経験を積んでスキルを高め、より精度の高い検査結果を提供できるようになりたいです。
次に取り組みたいことは、日常の検査業務だけでなく興味をもったことを深く追究する研究活動であり、学会で研究発表をすることです。
また現在は生理検査室に配属されていますが、輸血検査や生化学検査にも興味があり、多くのことを経験し専門性と同時に幅広い知識をもった臨床検査技師をめざしていきたいです。