グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 活躍する先輩紹介  > 若尾 昌平さん(2003年卒業)

若尾 昌平さん(2003年卒業)

再生医療への応用が期待される
間葉系幹細胞の研究を進めています


若尾 昌平さん
東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野 助教
2005年大学院修了
東北大学大学院で助教として勤務しています。教育面では医学部2年生の組織学、肉眼解剖学の講義を担当し、研究面では間葉系幹細胞の研究を進めています。
私たちの研究室で見出されたMuse(Multilineage-differentiating stress-enduring)細胞をはじめ、間葉系幹細胞は安全性などの観点からも、最も再生医療への応用が期待されている細胞です。世界に向けて成果を発信できるよう、日々研究に取り組んでいます。

大学時代は、心のどこかで臨床検査技師には向いていないのではと考えていました。結局、元々興味のあった研究をおこなうために大学院に進学。修了後、京都大学を経て東北大学で博士号を取得しました。私のように、臨床検査学科に入ったからといって、必ずしも臨床検査技師だけが道ではありません。在学中はいろいろなことに興味を持ち、その中から自分の可能性を広げていってほしいと思います。