グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 活躍する先輩紹介  > 坪井 彩さん(2011年卒業)

坪井 彩さん(2011年卒業)

これまでの知識をより深め
臨床検査分野の発展に貢献したい


坪井 彩さん
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 勤務
2011年卒業
大学卒業後、京都大学大学院に進学し、「関節リウマチの薬効予測の診断システム」について研究していました。
大学院を修了した2013年、検査機器の製造・販売を手がけるロシュ・ダイアグノスティックスに就職。現在、免疫分野の学術を担当し、主に営業サポートや新しく導入された検査機器の使用法などのトレーニング、病院スタッフへの院内勉強会を実施しています。

大学時代に学んだ検査学の知識は、現在の学術知識のベースとなっています。
また病院実習によって検査室の雰囲気や仕事を理解できたことは、今でも大変参考になっています。高度な専門性を要求される仕事ですが、知識をより深められますし、臨床検査分野の発展にも貢献できるので、大きなやりがいを感じます。
今後も、より深い学術知識を身につけ、検査室への情報提供や積極的な臨床医訪問をおこなうことで、検査と臨床を結びつけることに貢献できたら嬉しいです。