グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 在学生メッセージ  > 2014年取材

2014年取材

将来の選択肢が自分の中で広がりました

私には持病があり、その対処法がわかるまでに4年かかりました。その間、自分の痛みを誰にもわかってもらえず、苦しい思いをしました。私のような人を少しでも減らすことができたらと思い、この学科を志望しました。1年次は座学が中心で、初めて知る専門的な内容ばかりでしたので、こまめに復習する必要がありました。また、病院や大学院のことなど、将来についての話をしてくださる先生もいて、今後の選択肢が自分の中で広がりました。まだ将来の進路ははっきりと決めていませんが、お世話になった病院や、地元の三重県で医療に携わっていきたいと思っています。

臨床検査学科 2年 佐久間 美優(三重県 桑名高校卒)

命に関わる仕事に就くための自覚や責任感も生まれました

2年次からは実習が本格的に始まりました。どの実習も「あの時の講義で学んだことはこういうことだったのか」という驚きと発見の連続で、より理解が深まりました。特に印象的だったのは人体解剖学実習です。実際に自分たちの手で献体を解剖させてもらうことができ、本当に勉強になりました。このような貴重な経験を与えてくださった献体者の方々には感謝してもしきれません。将来、医療職という人の命に関わる仕事に就くための自覚や責任感も生まれました。今後、臨床検査技師の資格取得はもちろん、将来は細胞検査士など、より専門的な資格にも挑戦したいです。

臨床検査学科 3年 佐分利 菜々美(愛知県 瑞陵高校卒)

臨地実習を通して行動力やリーダーシップも身につけたい

入学当初から、より幅広い知識を得たいと考えて選択科目も多めに受講してきました。これまで、ずっと無遅刻・無欠席であることは自分自身、頑張っていると思います。3年次までに必修科目のほとんどを修了しましたので、4年次からは教科別に学んできた知識を融合させながら、確実に身につけられるよう取り組んでいきたいです。また臨床検査技師にとって行動力やリーダーシップも重要なスキルだと思いますので、実習などを通して修得していくつもりです。卒業後は大学院に進学し、将来は大学の教員として臨床検査技師の教育に携わりたいと考えています。

臨床検査学科 4年 水野 元貴(愛知県 旭野高校卒)