グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床検査学科  > 臨床検査とは?

臨床検査とは?

病気の予防・診断・治療に欠かすことのできない科学的な根拠を提供するのが臨床検査です。臨床検査には検体を分析する検体検査と身体に直接機器を装着しておこなう生理機能検査があります。病院などの医療機関では、臨床検査技師として検査室で業務をおこなうだけでなく糖尿病療養指導、術中モニタリング、あるいは胚細胞培養など幅広い分野で活躍しています。臨床検査技師は専門職であり、卒業後は医療機関はもちろん、医療系企業や大学での研究・教育、科学捜査研究所、行政など多方面への道が開けています。