グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > 充実した実習  > 臨床実習

臨床実習

様々な治療機器、最先端機器に触れることができます。

臨床実習はすべて藤田保健衛生大学病院にて行われ、手術室、ME管理室など様々な部署で行われます。ME管理室では人工呼吸器や輸液ポンプの点検などが行われ、医用機器の保守管理技術を学びます。手術室では、人工心肺を用いた心臓手術の見学や手術用ロボットダヴィンチの見学も行えます。また、大気圧よりも高い圧力環境を利用して疾患を治療する高気圧酸素治療装置も備わっています。


手術用ロボットダヴィンチの見学(手術部)

手術用ロボットダヴィンチの見学(操作部)

手術室実習

人工呼吸器装着患者のもとでの実習

血液透析の準備風景

機器管理風景

病院実習の感想(実習生から)

病院実習を終えて(2回生)阪野有希菜

 4年生の病院実習は、隣接する大学病院内で行うという、とても恵まれた環境にあり、ME管理室と血液浄化センターの2つの部門で実習を行います。
 ME管理室での実習は、実際に現場で使われている人工呼吸器や輸液ポンプといったME機器の管理業務や点検だけでなく、人工心肺装置を使用した開胸手術や、手術用ロボットda Vinci手術の見学などを行います。初めて機器点検を行った時には、実際の現場で使用されている機器であるということでとても緊張しましたが、わからないことや疑問に思ったことは病院の先生方が丁寧に教えてくれたり、時には機器の電気回路を見せて説明してくれたりと、3年生の学内臨床工学実習や講義の範囲を超えて、大学病院ならではの学びができました。また、臨床工学技士の先生方のみならず、医師、臨床検査技師、診療放射線技師の先生が手術、心電図についての講義や造影写真の説明などをしていただき、特に私は、ペースメーカー植え込み手術を間近で見学できたことは、ペースメーカーについてもっと勉強したいと思う大きなきっかけとなりました。
 血液浄化センターでの実習は、血液透析回路の組み立てやプライミング、透析がきちんと行われているかのチェック、透析中の患者さまの血圧測定などの血液透析業務の実習を行います。透析患者さまにとって最重要である血液透析に携わることの自覚、緊張感を臨床工学技士の先生から厳しく指導していただきましたが、プライミングを任せてもらえるようになったり、先生に教えていただいたことを看護学科の実習生に説明できた時には、臨床工学技士への道を一歩前に進むことができた気持ちになりました。また、「実習頑張ってね」と患者様から声をかけていただいたことは実習中の励みとなり、今でも心に残っています。
大学病院ならではの先端医療に携わりながら、この実習を通して指導していただいた先生方のもとで、わたし自身臨床工学技士として成長していきたいと思い、本大学病院に就職することを希望し、採用試験に合格できたので、春から職員として勤務することになりました。