グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > 活躍する先輩紹介  > 齋藤 優太さん(2012年卒業)

齋藤 優太さん(2012年卒業)

医療機器を操作するだけじゃない
患者さんの気持ちを考えて行動する仕事です


この仕事の魅了・やりがい

この仕事は一日中歩くため、意外と体力仕事です

臨床工学技士の仕事は、医療の現場で使われるさまざまな機器の操作と、普段からの点検・保守。扱う機器によっては血液浄化センターだけでなく、ICU(集中治療室)や手術室など、病院内のあらゆる場所で仕事をしています。
私が仕事で最も気をつけているのは、清潔で、確実かつ、迅速に作業をおこなうということ。医療機器の多くは患者さんの生命に直結していますから、絶対にミスがないようにするのは基本中の基本。また夜勤があるため、時には緊急を要する患者さんの処置に立ち会うこともあります。
どんな状況でも慌てることなく、チーム医療の一員として医師や看護師などと連携し、患者さんの治療にあたるように心がけています。

私の学生時代!

私は藤田保健衛生大学の医療科学部臨床工学科の第1期生でした。
先輩がいない分、自分たち全員で頑張ろうという意識が強く、先生方はとても教育熱心でした。分からないことは分かるまで時間をかけ、丁寧に教えていただいたことが印象に残っています。
また隣接する大学病院で多くの実習を体験できたことも勉強になりました。毎回、実習中に臨床工学技士の先輩によるミニ講義が開かれ、実例を見ながらさまざまなことを教わりました。臨床工学技士は工学系の勉強だけでなく、生物学や生理学など、実に幅広い内容を学びます。
授業で聞いたことを病院実習の場で体験し、確実に自分の知識やスキルにすることができました。

業界ココだけ話!

臨床工学技士というと、医療機器を操作する仕事というイメージが強いと思いますが、実際は患者さんとお話しする機会も多いのです。
特に血液浄化センターでは、患者さんは4時間以上もベッドでじっとしていなくてはなりません。そんな患者さん方の気持ちを考えて、血圧の安定に気を配るとともに何気ない会話をかわし、緊張を和らげるのも私の仕事です。
また、この仕事は常に動き回りますし、ベッドの患者さんの向きを変えることもありますから、体力も必要です。臨床工学技士をめざす人は、普段から運動をすることをお奨めします。私も休日には近くのプールに出かけて体力の維持に努めています。

プロフィール

藤田保健衛生大学病院 血液浄化センター勤務/医療科学部臨床工学科/2012年3月卒/
子どもの頃は身体が弱く、よく病院に行ったという齋藤さん。そこで多くの医療スタッフの仕事ぶりを見て、医療の仕事に憧れました。
しかし高校に入るとロボットにも興味が出てきて、医療を学ぶか工学を学ぶか迷ったそうです。そして彼が出した結論は「医療と工学のどちらの勉強もできる」仕事、臨床工学技士でした。
入職から3年が経過し、機器の操作もひととおりマスターした今、齋藤さんの次の夢は「臨床工学技士だからこそできる研究をして、少しでも医療技術発展に貢献する」こと。夢を実現させるため、今後も彼の勉強は続きます。