グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > 活躍する先輩紹介  > 小栗 早智さん(2012年卒業)

小栗 早智さん(2012年卒業)


チーム医療の一員として厳しくも充実した日々

臨床工学技士の仕事はいくつかありますが、私が現在担当しているのは、主に透析業務と医療機器の管理です。ようやく最近、手術室に入り人工心肺装置を扱えるようになりました。経験を重ね、少しずつですが業務の内容や範囲が広がっています。小牧市民病院はチーム医療に力を入れている病院で、透析業務もその一つ。医師や看護師とともに透析患者さんの治療をおこないますが、私たち臨床工学技士は、医師や看護師などの間に立ち、橋渡しをおこなう存在だといえます。そこで大切になるのは、患者さんからだけではなくチーム全員からの信頼。医師や看護師がなにを求めているのかが理解できなければ、適切な処置ができないうえに信頼も得られません。臨床に出て日が浅いということもあり、わからないことも多いのですが、幸い、みなさん厳しくも温かく指導していただき、とてもありがたく感じています。

クラスメイトや先生に支えられ人の大切さを学んだ

大学は、学科自体が少人数だったため、みな仲がよく、互いに助け合いながら試験や実習を乗り越えてきました。先生方も非常に熱心で、学習環境の面で不安はありませんでした。卒業論文では、透析によってアルツハイマー病の原因となる物質を取り除くというテーマを取り上げました。もともと関心のあった透析とも関連があり、実験自体も楽しかったため、やりがいを感じながら取り組んだことを覚えています。勉強以外にも部活などを通じて多くの仲間と出会ったことを考えると、人の大切さを学んだ4年間だったと改めて思います。

各部署で多くのことを吸収し4年後には認定資格取得が目標

病院によっては、手術室と透析業務の受け持ちがわかれているところもあります。しかし、小牧市民病院では1年目からローテーションによって各部署を経験することができます。日々、さまざまな業務にあたるうちに、学生時代に学んだことと臨床がようやくつながってきました。当面は、大学で得た知識をベースに多くのことを吸収しながら、すべての業務を最低限こなせるようになることが課題です。また、医師がアドバイスを受けにくるくらい、知識が豊富な技士になることも目標です。そのためにも、4年後には認定資格を取得して、より専門的な立場から仕事をおこなえるようになりたいと思います。