グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > 学科の特色

学科の特色

最新の医療技術工学技術を手に幅広い分野へ

臨床工学技士としての現場経験が豊富な教員をはじめとして、現役の臨床医として活躍する教員や基礎医学および工学の研究分野で活躍している教員により、病態把握のための医学知識や医療機器を適切に使用するための工学技術に即した授業をおこないます。
臨床実習はすべて藤田保健衛生大学病院内の手術室、血液浄化センター、ME管理室など、さまざまな部署でおこなわれます。
大学病院との連携により、治療中の患者さんの状態や医療機器の状況を定量的かつ客観的に分析する能力を身につけ、安全かつ効果的な治療の技術を提供できる臨床工学技士を育成します。


学科のポイント

手術用ロボット「ダヴィンチ」

最新鋭の医療機器に触れる

最先端の医療機器を使用した実習が受けられます。最新手術ロボット「ダヴィンチ」の見学実習や植込み型人工心臓「EVAHEART」を用いた学内実習が含まれているのも本学ならではです。

詳細はこちらをご覧ください >>

臨床工学技士とは

さまざまな医療機器が進歩するなかで、この性能を維持、管理し、安全に操作する必要性から臨床工学技士が誕生しました。主に呼吸、循環、代謝などの生命維持管理装置の操作や保守・管理をおこなう医療専門職です。

最近では女性も多く、結婚・出産後も復帰できる職種として注目されています。

学科長メッセージ・教育目標・各種ポリシーなどをご覧いただけます。