グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > よくある質問

よくある質問

Q1.臨床工学科では何を学ぶのですか?

本学科では、臨床現場において患者さんの病態を理解する力、客観的論理思考を培うための工学的な知識、病態改善に向けた様々な治療機器の操作技術、そして、ヒトとの対話技術(コミュニケーションスキル)が重要と考えています。
このため、まず、医療人としての教養、品格を備えられるよう学習します。そして、上述の知識・技術が身につけられるよう学びます。

Q2.臨床工学技士は、どんなことをする職業ですか?

臨床工学技士は厚生労働大臣の免許を得て、医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作および保守点検をおこなう医療技術者です。これは1987年に初めて国家資格として認められた最も新しい医療職種の一つです。人の生命を維持する上で欠かすことのできない機能を代行または補助する人工呼吸器、人工心肺装置、血液浄化(人工透析)装置、人工ペースメーカ、高気圧酸素治療装置などの医療機器を操作できる職業です。また、これらを保守点検し、人の生命維持や治療に対し重要な役割を担います。近年の医療機器の高度化によって複雑となった機器が、安全かつ効果的に働くように保守点検をおこないます。

Q3.臨床工学技士に向いている人はどのような人ですか?

臨床工学技士は医療機器のスペシャリストですので、機械を触ることが好きな人に向いている職業といえます。
臨床工学技士は医療機器の操作が主ですが、ただ医療機器と向き合っていればいいというわけではありません。医療機器の操作は患者さんの治療の一つですので、「なんとかしてこの人を助けたい」という思い・情熱が必要となります。また、治療現場で働くことから患者さんと直接接することも多くなり、必然的に医師、看護師などの医療スタッフと綿密にコミュニケーションをとりながら業務することになります。
従って、スペシャリストとして、医療・工学的知識と同じくらい重要な能力として、コミュニケーション能力が求められます。

Q4.臨床工学技士と他の医療職との違いはなんですか?

臨床工学技士は、治療に直接関わる専門職種で、医学の深い知識・技術と工学の知識・技術、論理思考力を併せ持ち、生命維持管理装置などの医療機器の操作のみならず、保守点検や開発にまで携わります。

Q5.卒業後の就職は大丈夫でしょうか?

平成28年度(平成29年3月まで)4年生在籍定員40名に対し、臨床工学技士として求人のあった件数は325件、求人数は785人です。就職内定率は100%(45名内定/45名)です。
近年は、医療の安全が社会的にクローズアップされ、臨床工学技士に寄せられる期待は、大きくなってきていると考えます。高度化・複雑化する医療機器の進歩に伴い平成22年に「臨床工学技士基本業務指針2010」が公表され、臨床工学技士の業務内容が拡大されたことにより、今後の求人数も堅調に推移すると考えられます。
また、平成26年度からは、一定条件を満たす病院で専任の臨床工学技士が、常時、院内に勤務している場合には、診療報酬加算が認められるなど、臨床工学技士のニーズはより一層高まっています。