グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 臨床工学科  > 資格・就職・進学  > 取得できる資格

取得できる資格

臨床工学技士国家試験受験資格

本学履修との関係文部科学大臣の指定した学校において3年以上臨床工学技士になるために必要な学科を修めた者。
職務内容厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示のもと、人工呼吸器、人工透析装置、人工心肺装置、体外式ペースメーカー等の生命維持装置の操作及び保守点検をおこなう。

臨床ME専門認定士

((社)日本生体医工学会、日本医療機器学会、 臨床ME専門認定士合同認定委員会の認定資格)
本学履修との関係臨床工学技士等の免許を有し、第1種ME 技術実力検定試験に合格し、かつ、2年以上のME 機器・システムおよび関連設備の保守点検・安全管理の実務経験を有する者。
職務内容ME 機器・システムについての専門的知識、能力を活用し、より専門性の高い機器の保守・安全管理をおこなって信頼性を高めるとともに、他の医療従事者に対する教育・指導をおこなう。

取得目標資格

第2種ME 技術者合格すれば第1種ME 技術実力検定試験の受験資格が得られる。医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、病院などの医療機関および医療機器メーカにおけるME 機器・システムの保守・安全管理をおこなう。
第1種ME 技術者第1種ME 技術実力検定試験の合格者に与えられる呼称。病院などの医療機関および医療機器メーカにおける、ME 機器・システムのより専門性の高い保守・安全管理をおこなう。
※卒業後、一定の条件を満たすことで資格が得られます。