グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > キャリア・就職  > 資格取得情報  > 資格と職務内容

資格と職務内容

臨床検査学科

資格本学履修との関係職務内容
臨床検査技師保健衛生学の正規の課程を修めて卒業し、かつ所定の科目を修めた者で、臨床検査技師国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて臨床検査技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指導の下に微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査及び厚生労働省令で定める生理学的検査を行う。生理学的検査には、心電図、心音図、脳波、筋電図、基礎代謝、呼吸機能、超音波、磁気共鳴画像検査などがある。
第1種衛生管理者大学において保健衛生に関する学科を専攻して卒業した者で、労働衛生に関する学科目を修めた者。(自己申請)事業所における衛生に関する事項を管理し、健康に異常のあるものの発見及び処理、労働環境衛生に関する調査、企業条件、施設等の衛生上の改善、衛生用具・救命用具の点検整備、衛生教育・健康相談その他労働者の健康維持に必要な事項、労働者の負傷、疾病による死亡、欠勤及び移動に関する統計の作成、衛生日誌等に関する事項を行う。(常時50人以上の労働者を使用する事業所には、衛生管理者を置かなければならない。)
食品衛生管理者本学は指定学校(昭和49年度入学生から)(任用資格)乳製品や化学的合成品たる添加物の製造または加工の課程で特に衛生上の配慮を必要とする食品や添加物の製造、加工を行う施設において、関係する法令に違反しないよう従事者を監視する。
食品衛生監視員本学は指定学校(昭和49年度入学生から)(任用資格)食品営業施設の臨検、食品、添加物、帳簿書類等の検査及び食品添加物等の収去試験、ならびに食品衛生に関する指導を主な職務とする公務員である。
食品衛生責任者食品衛生管理者の資格を有する者。食品関係の営業を営む場合は、所轄の保健所へ設置届を提出すれば、営業許可証が発行される。
環境衛生監視員大学において保健衛生学の正規の課程を修めて卒業した者。(任用資格)興業場法、旅館業法、公衆浴場法、理容師法、美容師法、クリーニング法による営業法による営業上必要な衛生指導がなされているかどうか監視及び指導を行う公務員である。
健康食品管理士臨床検査技師、保健師、看護師の養成校の学校で、更に別途の教育講座(健康食品総論等)を修めた者で、健康食品管理士認定協会が実施する認定試験に合格した者。
消費者(病院においては患者)に対し健康食品等の適正利用とその被害から守ることに対し指導的役割を担う。

任用資格 : 官公庁や事業所で勤務する場合、特定の業務につくために必要な資格であり、無試験で得られる資格をいう。

看護学科

資格本学履修との関係職務内容
看護師本学科において看護師国家試験を受験するにあたって必要な科目を修め、卒業が認められた者で、看護師国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、病院等で急性期・慢性期・回復期・終末期における看護を行う。幅広い年齢層の人々(小児、成人、高齢者)や妊婦の健康問題にかかわる。職場は病院にとどまらず、社会復帰のためのリハビリテーション施設、老人保健施設、訪問看護ステーションなどがある。
保健師本学科において看護師国家試験及び保健師国家試験を受験するにあたり必要な科目を修め、卒業が認められた者で、国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、病気の予防や健康の保持増進、傷病者の療養指導など、地域住民のニーズと健康生活に必要な保健活動に従事する。保健所、市町村、産業(企業)などさまざまな分野で活動する。超高齢化社会における老人保健福祉計画を策定し、健康、医療、福祉を統合した高齢者地域活動また精神保健活動などに従事する。
衛生管理者保健師国家資格を取得後、自己申請事業所における衛生に関する事項を管理し、健康に異常のあるものの発見及び処理、労働環境衛生に関する調査、企業条件、施設等の衛生上の改善、衛生用具・救命用具の点検整備、衛生教育・健康相談その他労働者の健康維持に必要な事項、労働者の負傷、疾病による死亡、欠勤及び移動に関する統計の作成、衛生日誌等に関する事項を行う。(常時50人以上の労働者を使用する事業所には、衛生管理者を置かなければならない。)

放射線学科

資格本学履修との関係職務内容
診療放射線技師文部科学大臣の指定した学校において3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終え、診療放射線技師の国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、診療放射線技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射すること、及び磁気共鳴画像診断装置、超音波画像診断装置、無散瞳眼底カメラを用いた検査を行う。
第一種作業環境測定士
(放射性物質に係るもの)
診療放射線技師免許を有する者は、一部の試験科目が免除される。指定作業場(放射線物質に係る場所)において、作業環境測定の業務を行う。
エックス線作業主任者診療放射線技師免許を有する者は、試験科目が免除される。エックス線装置の使用やエックス線の発生を伴う検査の業務を行う。
ガンマ線透過写真
撮影作業主任者
診療放射線技師免許を有する者は、試験科目が免除される。ガンマ線照射装置を用いて行う透過写真の撮影の業務を行う。
放射線取扱主任者放射線取扱主任者試験(在学中の受験可)に合格し、講習を終了した者。放射性同位元素及び放射線発生装置を使用する施設等における放射線障害の防止についての監督。第1種(制限なし)と第2種(制限あり)の2種類の資格がある。

リハビリテーション学科

資格本学履修との関係職務内容
理学療法士文部科学大臣の指定した学校において3年以上理学療法士になるのに必要な学科を修めた者で、理学療法士国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、障害に対して基本動作能力の回復や維持、および運動療法・物理療法などを用いて自立した日常生活が送れるよう支援する。医療・福祉・保健などの分野で活動する。
作業療法士文部科学大臣の指定した学校において3年以上作業療法士になるために必要な学科を修めた者で、作業療法士国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、障害に対して諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行う。医療・福祉・保健などの分野で活動する。

臨床工学科

資格本学履修との関係職務内容
臨床工学技士文部科学大臣の指定した学校において3年以上臨床工学技士になるために必要な学科を修めた者で、臨床工学技士国家試験に合格した者。厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、人工呼吸器、人工透析装置、人工心肺装置、体外式ペースメーカー等の生命維持装置の操作及び保守点検を行う。
臨床ME専門認定士
((社)日本生体医工学会、
 日本医療機器学会、
 臨床ME専門認定士
 合同認定委員会の認定資格)
臨床工学技士等の免許を有し、第1種ME技術実力検定試験に合格し、かつ、2年以上のME機器・システムおよび関連設備の保守点検・安全管理の実務経験を有する者。ME機器・システムについての専門的知識、能力を活用し、より専門性の高い機器の保守・安全管理を行って信頼性を高めるとともに、他の医療従事者に対する教育・指導を行う。

医療経営情報学科

資格本学履修との関係職務内容
診療情報管理士大学において認定試験に関する課程を修めた者に受験資格が認められ、試験に合格した者。カルテをはじめとする各種診療記録の内容を総合的に点検・整備し、その中から臨床指標や疾病分類等、必要な分析を行う。さらに、有用な情報を適切に還元することにより、良質な医療提供と安定した病院運営に貢献する。
社会福祉主事大学において資格に関する課程を修めた者は、卒業時に資格が認定される。(任用資格)生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法に定める援護、育成又は更生の措置に関する事務を行う。ただし、当該地方公共団体の社会福祉主事に任用されてはじめて名乗ることができる資格*。

※任用資格 : 官公庁や事業所で勤務する場合、特定の業務につくために必要な資格であり、無試験で得られる資格をいう。